お見合いは何をするの?流れや会うポイントを解説。

※当サイトはプロモーションが含まれます。

お見合いは何をするの?流れや会うポイントを解説。

お見合いとは?

結婚相談所プロセスの一つで、二人が初めて対面するお茶席。
会話を通してお互いの相性を確認、約60分間で次のステップ「◯交際」「×不成立」を判断する1回限りの機会。

お見合いの流れは、以下のようになっています。

・お見合い成立
・お見合い日時&場所調整(仲人あるいは担当者が調整)
1週間~2週間の間で、日時が決定。

お見合いが成立したという事実があるだけで、お見合い当日までメッセージ交換や電話など一切連絡手段はありません。

交際ステージに突入した段階で、個人連絡先を教えてもらう事が可能です。

・当日待ち合わせ(仲人立ち会いの場合もある)
・予約済のお茶席へ

・約60分間の会話で自己紹介
・お見合い終了

・翌日お昼までに、交際可否を結婚相談所の担当へ連絡

お見合い結婚のメリット

お見合い結婚のメリット

自然恋愛での結婚に憧れ、お見合い結婚よりも良いと考える方が多いようです。しかし、お見合い結婚のメリットは結婚までの期間が短く、効率的に結婚相手を見つけられるという点です。

お見合い結婚:結婚までに約1年間
・自然恋愛:出会ってから結婚までは約4年間(出典:第16回出生動向基本調査(国立社会保障・人口問題研究所)
・マッチングアプリ:出会ってから結婚までは約2.8年間

参考:結婚相談所とマッチングアプリ徹底比較:あなたに最適なのはどっち?

お見合い結婚は、まず会ってみるという「形」から作り上げ、あとから「心」を育てるという独特の考え方です。そのため、お見合い時は恋愛感情なしでも、生理的に受け付けないということでなければ、再度会ってみることが大事です。

プロフィールでは分からなかったことを確認

・雰囲気
・声のトーン
・声の大きさ
・声の種類

・服装
・話し方
・イントネーション
・動作を伴う所作
・ニオイ

・歩き方
・身体の癖
・コミュニケーション能力
・心遣いや優しさ
・社会性
・カフェ店員との会話など

お見合いでは写真と経歴書だけでは見えなかった、いろいろな情報を窺い知る事ができます。

・プロフィールよりも良い場合

プロフィールを見た感じはタイプではないし、パッとしない感じ。お見合いは気が進まなかったが、会ってみると話が合い、楽しい時間だった。

・プロフィールよりも悪い場合

プロフィール写真や条件面は最適で理想と感じたが、実際会ってみると想像と違っていて良い印象がない。無愛想で優しさを感じないし、自己中心的なイメージ。このように、お見合いで会ってみることでプロフィール情報よりも良いときもありますし、悪いときもあります。

要は会ってみないとわからない、と言えるかも知れません。しかし、無差別に会うお見合いを続けると疲れますし、結婚が遠のく可能性が高くなります。

もっと良いの人がいるのでは?と、「青い鳥症候群」となり、「選べない」「決断できない」状態になるからです。

IBJ日本結婚相談所連盟の「成婚白書2021」によると、成婚退会するまでの平均お見合い数は17回です。週イチでお見合いをして4ヶ月必要、という計算になります。

お見合いのお店選び

お店は結婚相談所側で手配してくれます。ある程度静かでゆっくり会話が可能な場所でかつ、予約可能な店舗となると行く場所が限定されるためです。

男性が女性の指定するエリアに行くことが多いようですが、最近では男女の中間地点を指示する相談所もあるようです。また、担当会員を沢山受け持っているオンライン型やマッチング型担当者の場合、やり取りが面倒なのか「そちらにおお任せします」と、全委任してくるケースもあります。希望のエリアがあれば、予め担当仲人に伝えておくと良いです。

お見合いの流れ

①お見合い場所で待ち合わせ
②二人でお店へ行き着席
③飲み物を注文
④自己紹介
⑤会話スタート(約60分間)

会話は60分程度と決まっているようですが、最初のお見合いで成婚できたカップル事例だと、いきなり意気投合し、お見合いで4時間も会話したなどの例もあります。

支払いは男性なの?
IBJによると、男性が支払う、というルールになっています。

出典:IBJお見合いルール

ほとんどの場合、仲人が立ち会うことはありませんが、仲人型結婚相談所で個人経営の場合、立ち会ってくれる相談所もあります。

お見合い冒頭の15分~20分だけでも仲人が同席してくれると、二人だけの場合に比べてリラックスできるという効果があります。

これを、ビジネス用語のアイスブレイクと呼ぶようです。(緊張の氷を溶かすの意)

お見合い成立した後にお断り可能?

お互いにお見合いの意思があり、お見合い成立した後に実は他にもっと良い人がいたので、最初の人は断りたいとします。しかし、IBJ(日本結婚相談所)ルールによると、お見合い成立した後の自分都合での取消はNGです。

体調不良などは日程変更になりますが、取消となると違約金が発生します。管理人自身、お見合い取消した経験がありますが、違約金1万円が発生しました。

お見合い後もっと会いたい場合は?

お見合い後もっと会いたい場合は?
お見合いしてみて、好印象だった。もっと話をしてみたい。あるいは、好印象とまではいかないけど、1回だけでは全く判断できないでも、嫌ではなかった。

こういう場合は、もう一度会ってみることを仲人からすすめられます。お見合いは2回目が存在しません。2回目に会う場合は、交際ステージ(仮交際・プレ交際と呼ばれることもある)の1回目となります。

お見合い結婚は愛情が湧かない?

結婚というと、好きな人と結婚するもの、という固定観念を持っているからも多いでしょう。しかし、婚活を通しての結婚は、恋愛のようなドキドキ/ワクワクとアドレナリンホルモン湧き出てくるような愛情は期待できません。

どちらかと言うと、嫌ではない、話しやすい、安心できるといった「オキシトシンホルモン」的な愛情が大事になります。愛情が湧かないと結婚できない、と思っている方に向けて結婚相談所グッドライフ(東京都世田谷区)秋山さんの言葉をご紹介します。

・一緒にいる時間が嫌ではない
・一緒にいる時間がマイナスではない

このような考え方で、結婚には十分とのこと。

・会話が成り立ち、きちんと受け答えができる
何気ないことにようですが、実はこれがものすごく重要です。

多くの方が、一回のお見合いで断ろうとします。それは、ご自分の「こうあるべき」という思い込みの基準からです。

しかし、もう一回会ってみることでお相手への理解が深まり、全く好きなタイプではないのに、結婚したという成婚カップルは沢山存在します。

お見合いに関するまとめ

マッチングアプリには、お見合いという言葉が存在しません。
初回のデート、と置き換えて考えることが出来ます。

アプリで初回のデートにたどりつには、個人差があるもののかなり大変です。
マッチング成立した後、メッセージ交換でデートしたい人物であると、お相手に思わせる必要があるからです。

また、そもそも多くの人はマッチング成立やメッセージ交換中の断絶などで、会うまでに苦労しています。

でも、会ってからデートしてからが本番で、デートやお見合いはスタートラインにようやく立てた、ということに過ぎません。

やはり効率的に出会い、結婚までの道のりを最短で歩くなら、結婚相談所の仕組みは最強だと思います。



\成婚実績No.1のオンライン型/
90%が活動1年以内に成婚
1年かかる
【エン婚活エージェント】

\専任のコンシェルジュがサポート/
\独身証明100%提出済/
成婚者の内90%が1年以内に
30代女性
【エン婚活エージェント】

\毎月6名以上のご紹介/