成婚率は相談所の実力?実は当てにならない本当の正体とは?

成婚率は相談所の実力?実は当てにならない本当の正体とは?

婚活ランクコム
結婚相談所選びで見かける数字「成婚率」について、解説しています。

成婚率とは、成婚した人の割合を数字化したもので結婚相談所の結婚しやすさからくる「実力」を測定した「通信簿」と思われがちです。しかし、実際はそうでは有りません。

しげる
成婚率40%の場合
→会員数100人の内、40人が結婚しているのか?

ちょっと面倒ですが、成婚率を正しく知れば結婚相談所が選びが楽になるので、成婚率の計算の仕組みを理解しておくと便利です。

大事なのは以下の3点。

①どうなったら成婚と言えるの?
②成婚者数は何人?
③どの母数に対しての割合なの?

成婚率の各社の考え方や、成婚率を参考にしない相談所の選び方などを提案していますのでご参考にしてください。

\2022年最新/
管理人入会のオススメ相談所
78.9%が一年以内に成婚
クラブ・マリッジ
無料相談→受付中
【限定】婚活ランクコム特典
→ご来店者様にAmazonギフト券
1,000円プレゼント
クラブマリッジ公式へ・期限:2022年7月31日迄
・条件:無料相談完了後(オンライン面談含む)にプレゼント

\今ならキャンペーン中/
クラブマリッジ
 

政府の「暫定成婚率」計算方法

政府の「暫定成婚率」計算方法

経済産業省が計算する「成婚率」の計算方法です。

暫定成婚率→「全会員の内一年間で成婚した会員割合の目安
少子化時代における結婚関連産業の現状:P.27:経済産業省)

・成婚した会員(成婚退会者)÷活動会員数

とある一年間の内、全会員数の中でどのぐらいの人が結婚意思をもって退会したのか(成婚退会)の割合が「成婚率」であると推測できます。

①どうなったら成婚と言えるの?

①どうなったら成婚と言えるの?

成婚率とは成婚した人の割合ですが、ここで疑問です。

あずさ
どういう状態を「成婚」と呼ぶのでしょうか?

大手結婚相談所の「成婚」となった時点を比較してありますので、ご覧ください。
そもそも、成婚地点がこんなにも違うので成婚率を比較する意味があるのか、と疑問に感じる方もいるのではないでしょうか?

成婚地点a.真剣交際→b.結婚の意思&退会→c.プロポーズ→d.結婚
経済産業省の資料redcrossgreen_check
成婚
  
IBJメンバーズredcrossredcrossgreen_check
成婚
 
パートナー
エージェント
redcrossgreen_check
成婚
  
ゼクシィ縁結び
エージェント
green_check
成婚
green_check
成婚
  
オーネットredcrossgreen_check
成婚
  
ペアーズ
エンゲージ
green_check
成婚
   

a.真剣交際

交際期間の中でもお相手を一人に絞り込んでいることから、ほぼ成婚とみなす相談所もあるようです。

ただし、この状態から必ず結婚に至るとは限りませんので、確信の持てない曖昧な関係とも言えるでしょう。

b.結婚の意思&退会

一般の方が「成婚率」と思っているのは、この状態ではないでしょうか。

結婚相談所では「成婚退会」という言葉があり、文字通り男女双方が結婚の約束をして相談所を退会する状態です。

c.プロポーズ

IBJ(日本結婚相談所連盟)と系列の正規代理店では、双方が結婚の意思を持って婚活を終了するだけでは不十分とみないしているようで、プロポーズあるいはご両親へのご挨拶という地点で「成婚」と定義しているとのこと。

d.結婚

公的機関に戸籍法(民法739条1項)で定める「婚姻届」を提出し受理された、という状態になるでしょう。つまり、結婚とは法律上の「婚姻」となります。

結婚相談所の「成婚」とは、法律上の「婚姻」から逆算すると、はるか手前に位置すると言えます。まだ婚姻届が受理された訳ではないので、「成婚」は結婚が成立したとは言えない状況である事がわかります。

②成婚者数は何人?

②成婚者数は何人?

結婚相談所選びで重要視する方も多い「成婚率」指標ですが、成婚数を確認しても相談所の実力が分かるとは言い難いのです。

例えば、特定期間の成婚数100人だとしましょう。

A:会員数100人→成婚者数100人
B:会員数1,000人→成婚者数100人

母数となる会員数が100人と1,000人の相談所では、成婚数100人の意味が全く変わってきます。前者は成婚率100%なのでありえないほど実力が高いと言えます。

つまり、Aの相談所に入会すれば必ず成婚退会できる、と言い換える事もできます。

このように成婚数だけではなく、どの母数に対しての成婚数なのかが大事になってきます。次の章では母数の考え方について解説していきます。

③どの母数に対しての割合なの?

③どの母数に対しての割合なの?

成婚率を計算する方法として、どの母数を元にするのかはとても大事。
成婚率の意味が大きく変わってしまうからです。

A:会員数10人→成婚者数5人
成婚率50%
会員数が少ないため、5人の成婚者だけで50%という数字になります。

B:会員数10人→退会者数6人→成婚者数5人
成婚率83%
退会者6人が母数となっていて、その内の成婚者は5人。

AとBは、会員数10人・成婚者数5人で同じ条件同じ結果ですが、成婚率は大きく違いいます。
Bは退会者数を元にして割合を算出しているため、数字が大きくなり、ずるいじゃないかといわれそうですが、そうでも有りません。

・成婚者数÷全会員数

経済産業省が暫定成婚率として利用した計算式を利用すると、結婚相談所の実力は測定しやすいかも知れません。

しかし、小規模ほど成婚率の数字が大きくなりやすいという傾向があり、比較しにくく感じます。

対してBのように退会者を元にして、その中で成婚者の割をを示したほうが、規模の大小関係なしに相談所の実力を比較しやすいのではないでしょうか。

C:会員数1,000人→成婚者数30人
D:会員数1,000人→退会者数60人→成婚者数30人

CとDも同様です。
会員数と成婚者数は同じなのですが、Cは成婚率30%・Dは50%(成婚者数30名÷退会者数60名)と、見た目の成婚率に大きな違いが見て取れます。

E:会員数1,000人→真剣交際者数60人

・パートナーエージェントはA・B
・IBJ系(メンバーズなど)はC・D

このような違いがあります。

婚活ランクコム
Eはペアーズエンゲージ例です。
成婚率の計算方法は公開されていないため、あくまでも推測です。

真剣交際の時点で「成婚」としてカウントされるため、成婚率は非常に高い数字になりやすいと言えます。

他の相談所では、真剣交際後に両名が結婚の意思があり退会する際に「成婚退会」と呼ばれる事が多いです。

さらにIBJ系では結婚の意思があり、実際にプロポーズに成功した段階で「成婚」としてカウントしているため、よりシビアな成婚定義と言えそうです。

婚活ランクコム
計算方法の良し悪しではなく、各相談所の計算方法を情報として覚えておくと、選び方が違ってくるはずです。

成婚率に関するまとめ

成婚率に関するまとめ

①どうなったら成婚と言えるの?
②成婚者数は何人?
③どの母数に対しての割合なの?

各社成婚率の算出方法が異なるため、単純に「成婚率」という指標では相談所の比較はできにくい言えそうです。

全く無駄な指標ではないですが参考程度にとどめ、実際に話を聞いた相談所やカウンセラーとの相性で入会を決めるべきだと思っています。

大事なのは、コミュニケーション
分からないことや悩み事を遠慮なく気軽に質問出来ることが、非常に重要です。

そのため複数の相談所へ無料相談してみて、相性の善し悪しを漠然とでもつかんでおくことが需要です。

どうやって相談所を選ぶのか?

どうやって相談所を選ぶのか?

成婚率が高くても優秀な結婚相談所である、とは限りません。
では、どうやって相談所を選ぶのが良いのでしょうか?

①大手と中小の両方へ相談してみる

大手と中小のメリット・デメリットがよく分かるため、両者の情報を収集することで選ぶべき相談所が見えてきます。

しかし、大手の中でもどこを選ぶのか、中小の中でもどこを選ぶのかをネットで調べるなどの調査時間と労力はどうしても必要になってきます。

相談所の比較へ

②どちらのシステムが良いのか?

大手でも中小相談所でも、「連盟」という共通のデータベースを利用しているため、システム上は差が内容に感じます。つまり、同じシステムを利用していても料金が安いほうが良い、ということになります。

例えばIBJ系列で、どこが一番安いのかを調べることになるでしょう。反面、同じシステムで料金が高いところはサポートが手厚いと考えると良いです。

婚活ランクコム
あなたが求める相談所は、どちらなのかを考えると良いでしょう。

③小規模の場合は話しやすさが重要

中小相談所の場合は、代表の方が一人で全てを担当する可能性が高いと言えます。そうなると、担当者替えができないため、初回無料相談時から話しやすさ・相談し易さが重要です。

婚活ランクコム
結婚やその後の人生やキャリアという個人的な内容になるため、仲人との間に遠慮がなく気軽に話せる関係が大事。

取材記事を読む

④選ぶのが面倒な「調査時間節約型」はオンライン完結相談所へ

相談所を選ぶとなると、どうしてもネットで色々調べて回る時間と労力が必要になります。

・時間がない
・面倒だな

婚活ランクコム
そんな方は、オンライン型の格安結婚相談所がおすすめです。

・マッチングアプリよりも断然結婚本気度が高い
→独身証明書の提出率100%

・店舗がないため利用料が安い
→安いため入会に失敗してもリスクが少ない
→仲人型だと入会時に20万円〜30万円で失敗できない
→失敗できないから、事前に充分なリサーチが必要

オンライン型の比較へ

◆おすすめオンライン結婚相談所

\最安値/
結婚相談所
\料金で選ぶ/
▼最安値の結婚相談所
▼料金税込み
\高成婚率&格安料金/
オンライン
エン婚活エージェント
・初期費用:10,780円
・月額:14,300円/月
・成婚料:0円・会員数3万人
解説ページ
初心者向き
スマリッジ
スマリッジ
・初期費用:6,600円
・月額:9,900円/月
・成婚料:0円・会員数5.2万人
解説ページ
最安値・入会金0円
naco-do
naco-do
初期費用:0円
・月会費:9,800円/月
・成婚料:0円※1ヶ月プラン時
解説ページ

◆おすすめ婚活アプリ

人気Top3婚活アプリ会員数
\真剣度No.1/
ブライダルネット
ブライダルネット

2006年〜
上場企業IBJ運営で安心♪
・20歳〜
活動32万人(2022年07月)
解説ページ
・婚活のプロにチャット相談OK
初デート場所無料提供とサポート
・結婚するまで無料使い放題
(年会費プラン2年目〜)
\成婚実績No.1/
youbride
ユーブライド

2000年〜
・18歳〜
累計230万人(2022年07月)
31日間無料
解説ページ
・サクラゼロ宣言!
・漫画:婚活応援コンテンツ
世界最大級の婚活アプリ
マッチ(match)
マッチ(match)

2002年〜
18歳〜
累計187万人(2022年07月)
登録無料
\成婚実績No.1のオンライン型/
90%が活動1年以内に成婚
1年かかる
【エン婚活エージェント】

\専任のコンシェルジュがサポート/
\業界最安値の価格設定/
オンライン完結型の結婚相談所
スマリッジ
【スマリッジ】

\入会からお見合いまで平均1ヶ月/
 
 data-src=実績1位のオンライン結婚相談所" width="720" height="285" >

実績1位のオンライン結婚相談所

エン婚活エージェントの特長
①成婚実績No1のオンライン型
②低価格で1年以内の成婚を実現
③専任コンシェルジュのサポートで安心
④紹介可能な会員数は業界トップクラス
⑤全額返金保証で始めやすい

CTR IMG