【50代男性】子供が欲しい婚活→結婚できる9個の成功法則を徹底解説

【50代男性】子供が欲しい婚活→結婚できる9個の成功法則を徹底解説

50代男性といっても、初婚の場合と再婚の場合がありますが、どちらもこの成功法則が当てはまると考えていただいてOKです。

とはいえ、本当に50代未婚男性が、婚活だけで結婚することができるのでしょうか?

50歳は政府統計データ上、
未婚の場合は「生涯未婚」とみなされる年齢です。

また、婚活市場でも「シニア」と呼ばれるカテゴリとなり、一般の若い世代と一緒の婚活とは、区別される年齢になります。

まだまだ気力体力ともに若いつもりでも、見た目の老化は若い人から見れば明らかであり、自分ではイケているルックスだと思っていても、美容面での投資を積極的に行っていない場合は、婚活の側面ではかなり残念な外見になっているはずです。

田中しげる
思い込みと現実には、ギャップがあります。

こちらのページで、
婚活に関するチェック項目を一読していただくと良いでしょう。

50代男性の婚活、初婚でも再婚でも厳しい面は多々ありますが、昨今の晩婚化により女性の需要もだぶついており、結婚できる可能性は上がっていると言えるでしょう。

しかし、50代男性が20代女性を狙うのは無謀であり、更に言うならば、出産可能な年齢の女性を獲得するのは非常に難しいと言えます。

田中しげる
年齢差は、最高でも15歳までという気がします。

女性に初婚者を求めるなら、女性年齢は40代~50代になる可能性が高いため、出産リミットを過ぎているので子供を諦める必要があります。

また、子供がどうしても欲しい場合は、シングルマザーを狙っていく方法がベストと言えるでしょう。

このページでは、50代男性が結婚に成功するための9つの法則を、詳しく徹底的に解説していきます。

\無料で結婚相談所をマッチング/
入会は不要・勧誘なし
相談所に興味がある方へおすすめ☆
IBJ結婚相談所の無料紹介
無料/入会勧誘なしで相談所を紹介
・全国約3,000社以上の相談所とマッチング
・ハイクラス/30代専門など専門特化の相談所
公式サイトへ

①健康面を積極的にアピール

①健康面を積極的にアピール

50代という年齢で一番大事なのは、「健康」です。

あなた自身も感じているように、40代後半から50代にかけては体の老化が顕著になり、それを体感しているはずです。

女性は男性の「健康面」を不安視する傾向があります。
すぐに「介護」という文字が見えてくる年齢だからです。

例えば、外見から伺える変化は次のようなものです。

・髪の毛が薄くなる
・白髪が増える

・皮膚にたるみが出てくるため、毛穴が目立つ
・肌の色がくすみ、透明感が無くなる

・耳や鼻から毛が出てくる
・歯が黄色くなる

・お腹が出っ張ってくる
・体全体に丸みを帯びてくる

・筋力が弱り姿勢が悪くなる
・体臭が臭くなる

・息が臭くなる

などなど、50代になる過程でいろいろな体の変化を感じていることでしょう。

外見の老化現象は、健康不安に直結します。また、この外見の老化を少しでも食い止めるため、運動することが自然に若々しく見える唯一の方法となります。

smile
やはり、運動している人は見た目が若いのは、共通しています。

つまり運動習慣があり、健康であることはとても魅力的で、女性を引きつけるのに役立ちます。

さらに、美容意識が高く、ヒゲ脱毛やダイエット、エステサロンや歯のホワイトニングに投資していれば、見た目の若さは同年代比較で驚くほど違ってくるはずです。

誰でも健康に不安がある人と結婚したいとは、思わないはずです。

50代の婚活だからこそ、「健康」であることの証拠として、運動習慣があることを大きくアピールしましょう。

運動習慣がない方は、週2回30分のウォーキングで良いので、いますぐ始めることでプロフィールに訴求しましょう。健康アピールの有無は、女性の関心を引きつける上で大きな武器となります。

②収入のポジティブな面をアピール

②収入のポジティブな面をアピール

50代男性の平均年収をご存知でしょうか?

業種・職種によって違いがありますが、転職専門情報サイトのDUDAによると2017年の50代全体の平均年収は707万円です。

50代男性は職業キャリアのほぼピークに近い年収となるため、2,000万円〜3,000万円に到達している方も多いのではないでしょうか。
(職種によってばらつきあり)

婚活で狙う女性により違ってきますが、10歳以上の年齢差のある若い女性を狙うのであれば、年齢的なデメリットを覆すのは「年収」が一番わかり易いでしょう。

少なくても50代男性は、平均年収の700万円には到達しておくと、女性獲得能力は「平均並み」と言えそうです。

しかし、サービス業などで年収が平均以下であっても、収入のポジティブ面をプロフィールでアピールすることで、女性を安心させることが出来るかもしれません。

例えば、サービス業であれば対人スキルやコミュニケーション能力が磨かれていることが想定されるので、結婚生活は精神的な安定が得られるというメリットがあるでしょう。

また、年収は少なくても福利厚生面が充実していて、老後の安心感を得られるケースもあります。あなたの収入面で良い面を探し出し、何でもOKなので女性にアピールすることが大事です。

③掃除・洗濯・家事を半分以上負担する

③掃除・洗濯・家事を半分以上負担する

結婚生活において、家事や育児の分担は必須と考えたほうが良いでしょう。

年収3,000万円ぐらい稼ぐ力があるなら、仕事が忙しくて家事を分担する時間がないという言い訳も許されるかもしれません。

しかし、年収1,000万円程度では家事の半分以上分担は、当然の時代と考えておいたほうが良さそうです。

とかく日本は、欧米と比較して男性の家事分担の割合が、極端に少ないことが話題になります。

田中しげる
欧米のマネをすることが正しいことだとは思いませんが、女性だけに負担がかかるのは間違いだと分かります。

婚活している際、プロフィール欄へ「家事・育児は積極的分担」と記載すると良いですね。

④会話の際は自分の作業をストップする

④会話の際は自分の作業をストップする

会話の手法は目に見えないため、プロフィールへ記載する内容ではないのですが、女性が話をするときは全力で聞き手に回るようにしましょう。

人は話を聞いてもらうことで、信頼感と安心感が生まれやすいものです。何か大事な作業や仕事、趣味の途中であっても、女性から話しかけられたら「ちょっとまって」と言わず、全ての作業を中断し、女性のはなしだけに耳を傾けるようにします。

田中しげる
会話を全力で傾聴する。
何気ないことですが、ものすごく重要です。

これを行うことで、女性の心を鷲掴みにできます。逆の立場で考えれば、話しを聞くことがどれだけ大事なことかすぐに理解できるでしょう。

⑤存在を否定しない

⑤存在を否定しない

婚活女性や結婚後の夫婦間のコミュニケーションに通じることがあるのですが、相手の存在を否定する行動をしない、ということが大事です。

行動というのは、会話も含まれます。
実際にやってみると分かりますが、相手の全てを肯定するのは中々難しいです。それだけ女性のことを気にかけ、肯定しているなら、相手に伝わならないはずがありません。

女性はきっと、「自分は大事にされている」と感じる事ができるでしょう。初デートなどでは、特に重要な要素なので、心得ておくと良いでしょう。

smile
大事にされている、という感覚は言葉使いや、言葉のトーン、態度、雰囲気からにじみ出てきますよね。

男性は理屈、女性は感覚で会話します。特に50代になると、物事の仕組みや知識の量が増えるため、男性の場合は理屈っぽさに拍車がかかり、自分の知っていることを相手にのべつ幕なしにアウトプットする傾向があります。

その際、自分の理屈が正しいことを証明しようと躍起になってしまう可能性がありますが、それが相手を否定することに繋がりかねません。女性の存在を否定しないよう、会話は聞き役に回ったほうが良いでしょう。

ただし、会話が弾まない時は積極的に男性から、会話を盛り上げる必要があります。

⑥物事の判断は女性に任せる

⑥物事の判断は女性に任せる

婚活で初デートから始まり、結婚生活まで見通すと、物事を判断することは数多くあるでしょう。例えば、デートの場所や食事場所、行き先、プランなどです。また、住む場所や食事の内容など多岐にわたります。基本的に物事の判断は女性に任せるようにしたほうが良いと思います。

なぜなら、女性自身が大事にされていると感じる可能性が高いため、お互いの信頼関係が構築しやすく、コミュニケーションが行いやすくなるからです。

しかし、判断を任せるのと、楽をして思考停止するのは意味が違います。女性が判断に迷った場合は、男性側が自分の考えや思っていることを伝え、女性の判断を助けるようにする、リードするようにするのが良いでしょう。

あなたは常に黒子的な存在で、縁の下の力持ちです。主人公は女性であり、女性をたてて一緒に行動することで大切にされていると感じる事ができるため、あなたへの信頼が増すでしょう。

50代男性となると、自分の主張はしっかりと持っているでしょうし、好みや価値観も完成されていると思います。でも、ある程度あなたの価値観を抑えてでも、女性を優先することで関係がうまく行きやすいと言えます。

⑦丁寧な言葉で接する

⑦丁寧な言葉で接する

女性と話しをする際、言葉遣いは可能な限り丁寧にするほうが良いでしょう。

女性と男性では、肉体的な性差があり男性は圧倒的に力で優れています。


そのため、女性は潜在的に男性を怖がる事があり、言葉を丁寧にすることで怖さを取り除くことが可能になります。

婚活中は丁寧語で話しをするでしょうが、慣れてくると良い意味で言葉が崩れ、フレンドリーな言葉になると思います。

しかし、全てではないにしてもあえて丁寧語を交えて話しをする「クセ」をつけることで、女性は自分が大事にされていることを、言葉から確認することができます。

smile
30代男性なら、フレンドリーを狙うこともできますが、50代男性は「大人の落ち着き」をアピールするため、ていねいな話し言葉で好感度UPです。

また、あなた自身も丁寧語を話すことで、その都度、女性を大切に扱う必要があることを確認することになるでしょう。

smile
丁寧な言葉のほうが、うれしいかも!

多少不自然な感じになるかもしれませんが、丁寧語を習慣にすればお互いに慣れます。

言葉は精神状態を表すこともあるため、日常丁寧語で会話することから、常に心穏でいられるようになり、免疫の強化、血圧の安定という健康面でもメリット大です。

あえて丁寧な言葉遣いをしてみて、あなた自身を言葉によって作り変えてみることも必要ではないでしょうか。

⑧挨拶は欠かさずハッキリした声

⑧挨拶は欠かさずハッキリした声

お互いの信頼を得るために、挨拶ほど大事なことはありません。出会って最初の内も大事ですが、やや慣れてきた頃が最も大事と言えるでしょう。

なぜなら、挨拶は疎かにしがちだからです。

挨拶が疎かになると、コミュニケーション全体が疎かになり、お互いの関係が希薄になる可能性があるからです。

常日頃から、余程挨拶に対してしっかりと行うように意識していないと、挨拶がコミュニケーションから消えてしまう可能性もあります。

・おはようございます。

・お疲れ様です。

・ありがとうございます。

ちょっとした言葉だからこそ、丁寧にそして、しっかりとハッキリ相手に伝えることで、存在自体を大事にされている、肯定してもらっていると感じるのではないでしょうか。

コミュニケーションは人と関わって行きていくなかで、必須のスキルです。その中で挨拶は、始まりであり最も重要といっても過言ではないでしょう。

・明るくはっきりと笑顔で挨拶する

smile
確かに挨拶って、地味だけど大事ですよねー

常に良い挨拶を心がける場合、当たり前のことを当たり前に実行する難しさを体感することになると思います。

婚活に限らず、仕事でも家族でも、友達や夫婦間でも挨拶は重要なので、今一度立ち止まってその重要性を考えてみて、きちんと実行できているのか確認してみましょう。

⑨子供を授かることが絶対必須ではない

⑨子供を授かることが絶対必須ではない

50代男性は、初婚でも再婚でも子供がほしいという方は多いのではないでしょうか。

しかし、50代男性がマッチング可能な女性の年齢は、出産リミットギリギリ上限もしくは、過ぎているケースが多いため、不妊の可能性を排除できません。

例えば、あなたが51歳で38歳の女性とマッチングした場合、年齢差は13歳なのでかなり難易度が高いマッチングと言えるでしょう。

38歳の女性は妊娠可能ですが、既に35歳の高齢出産年齢を過ぎているため、リスクが高いことは事実です。

つまり、女性に対して「出産ありき」の出会いをすると、絶対に子供を授かることが条件付きの結婚ということで、女性にとってはかなりのプレッシャーになり、あなたが避けられるかもしれません。

さらに昨今、不妊原因の半数は男性側にあるという説も存在し、特に50代というシニア世代になると卵子と同じように精子も老化するという学説もあるため、精子の量と直進運動性が減り、精子の奇形率がアップするのは統計的な事実です。

男性もブライダルチェックを行っておくべきでしょう。

妊娠を強く望む婚活は、あなた自身が50代である以上、必要以上に女性に精神的負担をかけるのは得策ではありません。子供の将来を話し合うとすれば、「妊娠できればいいね」という程度に留めるのが良いでしょう。

もちろん、妊娠に対して二人で積極的に協力して、努力していくことは言うまでもありません。

しかし、もし妊娠しなくても、二人で仲良く人生を歩もう、というスタンスは最初から共有しておくほうが良いです。

子供に強く執着する婚活は、女性を遠ざけるため、子供を授かるどころか結婚すること自体が難しくなってしまいます。

婚活方法はネット婚活一択で行く!

婚活方法はネット婚活一択で行く!

50代男性の婚活の場合、日常的に出会う女性との接点はほぼ決まった人となっているでしょうし、サービス業など不特定多数の人と会う仕事であっても、50代男性という外見から、まさか恋愛を求めているとは思われない可能性が高いと言えます。

そのためリアルでの紹介や飲み会、合コン、パーティーはあきらめ、ネット婚活一択で「選択と集中」を行うのが得策です。

婚活の王道といえば結婚相談所ですが、管理人の経験から言えることは、50代男性はシニア世代と割り切って見られるため、同年代の女性以外に選択肢がないように感じました。

結婚相談所の場合は、女性の親が相談所通いのことを知っているケースが多くその場合、50代男性と10歳以上年齢が離れた年の差婚は、反対されるケースが多々あります。

女性本人が気にしなくても、親が反対するのですね。

ところが、ネット婚活だと圧倒的なユーザー数がいるため、年齢差OKという珍しい女性も多く存在するため、50代男性でも結婚のチャンスはごろごろ足元に転がっています。

それでも、50代での10歳以上年齢差のあるマッチングは簡単ではないため、婚活サイト/婚活アプリやマッチングアプリを利用する際は、複数箇所へ同時登録することが出会いを引き寄せる方法です。

出会いのルートは複数用意したほうが、マッチングするのに有利だからです。

男性アプリ比較へ

ネット婚活各社の50代男性割合を徹底調査

ネット婚活各社の50代男性割合を徹底調査

ネット婚活4社における、50代男性ユーザーの割合を、実際にログインして調べてみました。

50代男性の割合が少ないサイトは、ユーザーの全体年齢層が若いことを意味し、割合が多いサイトはユーザーの全体年齢が高いと言えそうです。

どちらが有利なのは個人差があるため、同時にどれも登録し、女性のプロフィールを検索してみると良いでしょう。

自分にマッチしていると感じる婚活サイト/婚活アプリやマッチングアプリを選び出し、有料課金すればよいのです。無料ではメッセージのやり取りができないため、デートまでたどり着けないので、有料課金は必須です。(登録して、女性プロフィールの検索は無料なので、全ての婚活サイト/婚活アプリで行ったほうが良いです。)

サイト名50代男性の割合
ブライダルネット4.7%
ユーブライド13.1%
ペアーズ9.3%
ゼクシィ縁結び6.2%

50代男性が婚活で成功することに関するまとめ

50代男性が婚活で成功することに関するまとめ

50代男性が結婚するための成功法則を、全部で9つ順番に解説してきました。

違和感を感じる見出しが会ったかもしれませんが、管理人が実際に婚活体験を通して感じたこと、身につけたことなのでぜひ参考にしていただくと、婚活に役立つはずです。

①健康面を積極的にアピール
②収入のポジティブな面をアピール

③掃除・洗濯・家事を半分以上負担する
④会話の際は自分の作業をストップする

⑤存在を否定しない
⑥物事の判断は女性に任せる

⑦丁寧な言葉で接する
⑧挨拶は欠かさずハッキリした声

⑨子供を授かることが絶対必須ではない

50歳代でこれから婚活を行うのは、マッチングする女性が少ないため厳しいと思います。しかし、不可能ではありませんので、困ったときは、9つの成功法則を一つ一つ確認しならがら実践してみてください。

女性から、何かしらの反応を得ることができ、婚活に手応えを感じるはずです。

50代という年齢は、知識が多くなる分、頭でっかちになり良くも悪くも自分自身へのこだわりが強くなる年齢です。

しかし、生涯独身で行きていくならば自分のこだわりを捨てる必要はありませんが、女性と一緒の生活、いわゆる結婚するとなると、こだわりを一切捨ててゼロベースで自分を作り直すぐらいの覚悟が必要となります。

田中しげる
女性を優先し、自分を捨てるという覚悟が必要ですね。

こだわりや執着があればあるほど、相手の行動に許容できない部分が目に付き、衝突を繰り返してしまうからです。

思い切って自分の価値観という執着を手放し、女性主体の人生として考え方を変えてみると、婚活は驚くほどうまくいくはずです。

寂しさや、将来への不安など、
50代の悩みはつきませんが、婚活することで結婚できれば、人生を一緒に歩むパートナーがそばに居てくれます。

きっとあなたの心が安らぐ、生涯のパートナーとなるのではないでしょうか。

50代のマッチングアプリへ

◆おすすめオンライン結婚相談所

\最安値/
結婚相談所
\料金で選ぶ/
▼最安値の結婚相談所
▼料金税込み
\高成婚率&格安料金/
オンライン
エン婚活エージェント
・初期費用:10,780円
・月額:14,300円/月
・成婚料:0円・会員数3万人
解説ページ
初心者向き
スマリッジ
スマリッジ
・初期費用:6,600円
・月額:9,900円/月
・成婚料:0円・会員数5.2万人
解説ページ
最安値・入会金0円
naco-do
naco-do
初期費用:0円
・月会費:9,800円/月
・成婚料:0円※1ヶ月プラン時
解説ページ

◆おすすめ婚活アプリ

人気Top3婚活アプリ会員数
\真剣度No.1/
ブライダルネット
ブライダルネット

2006年〜
上場企業IBJ運営で安心♪
・20歳〜
活動32万人(2022年08月)
解説ページ
・婚活のプロにチャット相談OK
初デート場所無料提供とサポート
・結婚するまで無料使い放題
(年会費プラン2年目〜)
\成婚実績No.1/
youbride
ユーブライド

2000年〜
・18歳〜
累計230万人(2022年08月)
31日間無料
解説ページ
・サクラゼロ宣言!
・漫画:婚活応援コンテンツ
世界最大級の婚活アプリ
マッチ(match)
マッチ(match)

2002年〜
18歳〜
累計187万人(2022年08月)
登録無料
\成婚実績No.1のオンライン型/
90%が活動1年以内に成婚
1年かかる
【エン婚活エージェント】

\専任のコンシェルジュがサポート/
\業界最安値の価格設定/
オンライン完結型の結婚相談所
スマリッジ
【スマリッジ】

\入会からお見合いまで平均1ヶ月/
 
 data-src=実績1位のオンライン結婚相談所" width="720" height="285" >

実績1位のオンライン結婚相談所

エン婚活エージェントの特長
①成婚実績No1のオンライン型
②低価格で1年以内の成婚を実現
③専任コンシェルジュのサポートで安心
④紹介可能な会員数は業界トップクラス
⑤全額返金保証で始めやすい

CTR IMG