入会の必要書類・各証明書5つについて解説
  • 無料相談
入会の必要書類・各証明書5つについて解説

入会時に必要な書類は、全部で5つとなります。

①戸籍謄本(独身証明書):3ヶ月以内取得の原本
②住民票:3ヶ月以内取得の原本
③身分証明書
④収入証明書:前年度の源泉徴収票もしくは確定申告証明書の原本
⑤履歴書:自己作成

③+④は、当会にてコピーを取らせていただきます。
(基本は3ヶ月以内取得の原本。但し既に取得されている方はご相談ください。 )

※ご入会時にご提出頂きました書類一式は、ご成婚退会時に全てご返却させて頂きます。

上記の他に「印鑑」「写真5枚」が追加で必要となります。

また、それぞれの証明書はどこへ行けば手に入れることができるのか、という事もあわせてご案内していきます。

入会に際し、これだけの証明書を集めるのは手間がかかり大変です。

しかし全ての会員様が提出済と考えると、逆に安心感ある活動となるため、昨今は婚活の中でも結婚相談所の需要が大きく伸びています。

上記の証明書提出による安心感や情報の信頼性は、マッチングアプリのようなネット婚活と、結婚相談所の大きな違いと言って良いと思います。

マッチングアプリはプロフィール情報が自己申告制です。提出するのも身分証明書のみのため、独身か既婚の 婚歴や現住所や勤務先、年収など、虚偽申告が可能。

既婚者が独身者と偽って活動していることは、珍しくありません。

①戸籍謄本(独身証明)

戸籍謄本

一般的に結婚相談所では「独身証明書」の提出が、必須となっております。
公的に独身であることの証明ができるため、縁談に際し必須となるのは理解できます。

当会では、入会時に戸籍謄本の原本(発行後3ヶ月以内)が必要になります。
まず理由をご案内する前に、戸籍謄本と戸籍抄本という似た名称の証明書について解説します。

・戸籍謄本
全部事項証明書」と呼ばれ、家族全員の名前が記載されています。

・戸籍抄本
「個人事項証明書」と呼ばれ、個人の戸籍情報が記載されています。

出典:東京都生活文化局

なぜ、独身証明ではなく「戸籍謄本」が必要なのか?
不思議に思う方も多いと思います。

「独身証明書」は、独身であることの証明は記載されていますが、初婚なのか再婚なのか又は、再再婚はのかは分かりません。

戸籍謄本では、過去の婚姻歴が全て記載されています。

当会では、初婚と再婚で結婚直前にトラブルが起きたことはほぼ、ありません。

しかし再再婚の場合その事実が後から判明し、トラブル&直前破断になったことが1回だけではありません。

その経験から、後々のお互いのトラブルの芽を取り除くため、戸籍謄本をご提出いただいております。

戸籍謄本は、本籍地管轄の区市町村(戸籍課)で発行しています。
(本籍地以外では、発行していません)

※婚姻届を提出する際:
本籍地と違う市区町村に提出する際は、戸籍謄本が必要となります。
取得日の有効期限はないので、皆さま、そちらに使用されてます。

本籍地はどこで知る?

住民票の「本籍記載」取得を行うと、本籍地の記載があります。

住民票はコンビニ交付されているため、他都道府県の遠隔地であったとしても、近くのコンビニに行けば簡単に交付可能です。

出典:コンビニ交付について(地方公共団体情報システム機構)

本籍地へ行くのが難しい場合は?

本籍地を知った後は、その区市町村へ戸籍謄本の取得申請を行います。

結婚相談所への入会断念をする方で、勘違いする方がいるようです。

遠隔地の本籍地へ行くことが難しく、戸籍謄本を取得できないというものです。

しかし、戸籍謄本は3つの方法で取得可能です。

1、本籍地の市区町村へ出向き、自治体の窓口で取得する

2、コンビニ交付対応している自治体であれば、戸籍証明書(本籍地・全部事項証明書)を最寄りのコンビニキオスク端末より取得可能
(対応自治体により異なる)

本籍地の自治体へ、電話で確認するとより確実な情報を入手可能です。

3、郵送による申請と取得
出典:戸籍謄本の郵送請求(東京都生活文化局)

②住民票

②住民票

コンビニ交付できるため、手軽にコンビニのキオスク端末から入手可能です。

・コンビニ交付
・住民基本台帳ネットワークに参加している全国の市町村窓口

住民となった年月日」が記載されているため、いつから住み続けているのかがわかります。

ちなみに、一人暮らしで住民票を引越し元から移動していないという方も見受けられますが、罰金があるようです。

お引越しをしたら、14日以内に住民票を届出しましょう。

「住民票の未移動に対する過料は最高5万円」
出典:e-GOV法令検索

③身分証明書

本人確認書類として、以下のコピーが必要となります。

・運転免許証
・マイナンバーカード
・パスポート
・健康保険証

上記の内、いずれか1つです。
実在する人物としての証明書となります。

④年収証明書

特に男性の場合は、女性から選ばる基準として年収は重要な項目の一つとなっています。

・会社員の方(給与所得)
所属会社で発行した、直近の源泉徴収票のコピー

・個人事業主の方(事業収入)
税務署印または電子申告証明のある、直近の確定申告書B用紙のコピー

⑤履歴書

入会前相談で既に履歴書を提出されている場合、新たな提出は不要です。

参考:初回相談で履歴書は必要?

あるいは、刷新した内容で履歴書を書き直したいという場合は、新たに提出していただく事が可能です。

なぜ印鑑が必要なの?

印鑑の必要な理由は、入会契約書への捺印のためです。

シャチハタのような簡易印は、ご遠慮下さい。

実印や銀行印のような印鑑をお持ち下さい。

※銀行関係の手続きを行うわけではございません。

顔写真5枚はどんな写真?

当会では、入会時に5枚の顔写真が必要となります。

婚活用の縁談写真ですから、スマートフォンによりセルフ撮影よりもスタジオでプロに撮影していただいた写真が最適です。

◯プロ撮影のお見合い写真

×スマホセルフ撮影
×証明書BOXの機械撮影

昨今では特に外見が重視される傾向があるため、写真の重要性が増しています。

ご自分で用意する自信のない方は、当会と提携しているスタジオでプロが撮影させていただきます。
(別途費用発生あり)

入会手続きに必要なもの

5つの書類以外で、入会に際して料金の支払いが必要となります。

・入会金:110,000円
・年会費:110,000円

年会費は一年分に相当する会費を、入会時一括でお支払いいただきます。
(一年経過後の継続会員様は、半年ごとの支払い)

入会手続きに際し、必要な金額は税込み220,000円(男女同額)です。当日現金または、事前の銀行振込が必要となります。

>>料金詳細ページへ

無料相談の予約ページへ

お電話にてお問い合わせ

Contact us by phone

お電話でもご来室予約を受け付けております
お気軽にご連絡ください

  • 結婚相談室みのり会 成城学園
    03-3417-770010:00〜18:00 水曜定休
  • 結婚相談室みのり会 田園調布
    03-3705-370010:00〜18:00 水曜定休

無料相談・ご来室予約

Contact us by mail

無料相談・ご来室予約はこちらから
お気軽にご連絡ください

無料相談・ご来店予約はこちら