低年収(年収300万円未満)婚活でも結婚可能な6つの方法

※当サイトはプロモーションが含まれます。

低年収(年収300万円未満)婚活でも結婚可能な6つの方法

無料で婚活市場での「価値」を知る方法がありますか?
あります。
結婚相談所の無料カウンセリングへ予約してみましょう。
結婚業界にいるプロが、今の年収でマッチングするお相手条件・お見合い相手像・成婚までの期間などを教えてくれます。
特定取引法により、勧誘はされませんのでご安心下さい。)

年収300万円未満というと、200万円~299万円が該当する男性となるでしょう。

年収199万円台の男性は、生活するのに精一杯という感じで、婚活の余裕が無いと判断し、該当しないものとします。

そこで、年収300万円未満の男性がどのようにすれば結婚できるのかを、6つの方法に分けて解説していきます。

結論から申し上げると、年収300万円未満でも結婚は可能です。

しかし、結婚後は収入の少なさから共働きになるでしょうから、女性側が専業主婦を希望していない場合に限定されます。

田中しげる
女性が専業主婦で収入ゼロの場合、男性の年収のみで子供の養育費を考えることは、難しいですよね。

逆に夫婦共働きで、世帯収入が400万円~500万円であれば、平均的な生活ができることでしょう。(都市部だと、若干厳しいかも知れませんね。)

田中しげる
共働きで世帯収入を考えれば、年収300万円未満でもいけそうです。

低収入で婚活を悩んでいる男性は、このページを読んでいただくと、6つの方法を駆使して結婚という節目のゴールへ突き進めると信じています。

共働き世帯は全体の約70%(ニッセイ基礎研究所:天野 馨南子)
出典:東洋経済新聞

①恋愛関係を優先させる

①恋愛関係を優先させる

20代であれば年収300万円未満でも、低年収とは言えません。
20歳~24歳の平均給与:275万円

国税庁「民間給与実態調査(2016年版)」

しかし、30代で年収300万円未満の場合、婚活市場において「低年収」と呼ばれる事になり、女性とのカップル率が著しく下がると言われています。

婚活サービスではスペック(年齢、年収、職業など)を重視するため、年収300万円未満の低年収男性は、不利であると言えるでしょう。

ところが、合コンや友人紹介などの自然恋愛から発展したカップルの場合、スペック重視で相手を選んでいないため、程度によりますが年収300万円未満の低年収であったとしても、結婚へゴールする可能性があります。

つまり今現在、自然恋愛できる可能性があるのなら、慌てて婚活を始める前に、恋愛関係になる可能性がある女性を大事にすることが結婚への近道と言えます。

繰り返しますが婚活をするよりも、身近にいる友だちづきあいしている女性を大事にし、恋愛関係になる努力をすることが結婚する方法の1つ目です。

お互いが自然と好きになれば、男性側の低年収も気にならず、結婚まで進むことができる可能性が高いからです。

②結婚相談所へ無料相談に行く

②結婚相談所へ無料相談に行く

30代以上で年収300万円未満の低年収男性の場合、結婚相談所へ入会相談に行くと断られるかも知れません。

結婚相談所は、3タイプあります。
データマッチング型と、対面カウンセリングを主とした「仲人型」、オンライン完結型です。

データマッチング型やオンライン完結型は、対面カウンセリングなどの人手のコストが少ないため、ユーザー数を多く確保するために入会審査はほぼありません。

この場合は、年収300万円未満でも入会可能です。

■データマッチング型結婚相談所

オーネット

ツヴァイ

しかし、お見合い仲介型は成婚料が発生し成婚率を重視するため、年収300万円未満の男性は入会審査でひっかかり、入会をお断りされるケースがあります。

■仲人型結婚相談所

管理人は年収230万円の際、パートナーエージェントとツヴァイ、オーネットへ無料相談に出向きましたが、3箇所とも入会を断られました。
理由は、以下の通りです。

仮に入会したとしても、女性とマッチングする可能性がゼロに近いため、入会することはできません

早く結婚するためには、結婚相談所が最短の近道ですが諦めるしかありませんでした。ですが、マッチングアプリを利用する方法ならば、年収審査が不要なため、婚活を行うことが可能です。

③マッチングアプリへ登録する

マッチングアプリは、いわゆる出会い系サイトとは全く別物で、大手企業が運営している安心・安全な結婚本気度の高いウェブサービスです。

ユーザー数は結婚相談所よりも多いため、年収300万円未満の低年収だとしても、許容してくれる女性を探すことで、結婚することが可能になります。

マッチングアプリは、大別して2つのタイプがあるので、それぞれ詳しく解説していきます。

A:真剣度の高いマッチングアプリの利用

マッチングアプリマッチングアプリの中でも真剣度の高いアプリは、婚活アプリと呼びます。

結婚相談所のように、独身証明や収入証明の提出義務がありません。

また、第三者が介在していないために相手のことを完全に信用するのは禁物ですが、身分証明書の本人確認がしっかりしているため、安心して利用できるのが特徴です。

年収300万円未満でかつ30代以上の男性は、共働きOKとなりそうな女性を探すと良いでしょう。また、条件や要求が高い女性は見た目がキレイですが、そこは諦めて、ストライクゾーンを広げて条件検索し、女性へアプローチするようにしてください。

あくまでも、あなた自身は低年収の男性だという不利な状況であることを、忘れないよう婚活を進めていくことをおすすめします。

B:ライトな恋愛系のマッチングアプリへ登録

B:ライトな恋愛系のマッチングアプリへ登録

すぐに結婚を考えていない場合で、友達や彼氏・彼女探しの恋愛活動のことを恋活と呼びます。

婚活よりもライトで軽いノリの場合が多く、その分、年収などのスペックよりも見た目や趣味が同じなどの感覚的なことがマッチングの優先順位として高くなります。

つまり、年収300万円未満という低年収でも、趣味が女性と同じならば、友達や恋人になれる可能性が高く年収というスペックのみで選ばれる結婚本気度が高い婚活とは、ちょっと違ったマッチングの可能性を見いだせる、と言えます。

④年収アップの転職を考える

④年収アップの転職を考える

年収300万円未満という低年収で婚活を行う場合、結婚相談所ではマッチングする女性がいないため、入会を断れる可能性が高く、マッチングアプリでは可能性があるものの、ライバルに負けて婚活が長期化する可能性があります。

そこで、そもそもの問題となっている低年収ですが、年収アップにより解決してしまえばよいのではないでしょうか。

簡単に解決する方法として、転職サイトへの登録を行い、転職エージェントのカウンセリングを受けながら、今よりも条件の良い就職先を探す方法です。

転職は難しい、敷居が高いと感じる方が多いように思いますが、会社を変えるだけで年収が大幅にアップする可能性があるとしたら、どうしてその可能性を試してみないのでしょうか。

「ダメ元」で、転職サイトへの登録し実際にどのような就職先の提案があるのか、エージェントに相談してみると、思いもよらない明るい可能性が見えてくるかも知れません。

転職エージェントは複数サイトへ登録することで、色々なルートから会社探しができるためメリットが大きいと言えます。

他の人が面倒がって行動しないことを、あなたはどんどん行動することで、年収アップを目指すことが可能になるかも知れません。

⑤副業で年収アップ

日常の仕事だけでも忙しく大変なのに、副業に取り組む時間がないと否定的に考えるのではなく、どうすれば収入アップ可能なのかという考えから副業を考えてみてはどうでしょうか。

例えば、インターネットをフルに活かした副業では、スキマ時間を利用して、大きな報酬を得る事が可能な時代です。3ヶ月〜6ヶ月ぐらいは、がんばって取り組む勝ちがあるのではないでしょうか。

ネットを利用した副業は以下のものがあります。

・ブログを書いて、広告収入を得る。

アフィリエイトサイトで、高額の成果報酬を受け取る

クラウドソーシングで、得意な分野の記事ライターをやってみる。

ココナラというサイトで、自分の得意な才能を販売してみる。

あなた自身が今まで経験してきたことを、じっくり考えて文字に書き出して見るだけで、ネット上ではお金に変える事ができるとは、魔法のようですよね。

あるいは副業で結婚相談所を立ち上げる、というも良いですね!
周りに未婚の友だちや知り合いがいれば、初月からすぐに売上の獲得も可能ですよね。

友人にこのような話しをした結果、「月1万円でも余分に稼ぐのは無理」と断言していましたが、実際に取り組んでみると12万円の副収入となり驚いてかつ、喜びました。

実際にやってみないのに、自分の脳内だけで「無理」と判断する人は、意外と多いのではないでしょうか。

しかし、「案ずるより産むが易し」です。

つまり、あれこれ考えているよりも実際にやってみると、想像以上の結果が待ち構えているものでしょう。

実際やってみると他のビジネスと比較して、驚くほど簡単に収入がアップしていくのを時間することが可能になるはずです。

文字を書いたことがないから不安という方は、まず最初に無料ブログ(ライブドアブログ、はてなブログ、FC2ブログなどの内一つ)を開設し、1,000文字の文章を10ページ作成することからスタートしてみると良いでしょう。

⑥少額1万円の投資で年収アップ

⑥少額1万円の投資で年収アップ

今まで投資をしたことがないという方は、将来には金融の経験が必要不可欠になるため、今から練習のつもりで少額5,000円〜10,000万円でも良いので経験しておくと良いでしょう。

投資でセオリーは株式投資ですが、そもそも口座開設で本人確認書類が必要など、面倒なことが多々あり重い腰を上げられない人も多いでしょう。

もちろん、株式投資の口座開設にチャレンジし、株の売買を行ってみてはどうでしょうか?
株売買の知識は、今から蓄積しておく必要があり長い人生を考えた時、避けては通れないリテラシーとなっています。

DMM FX公式へ

年収300万円未満は23%の男性

年収300万円未満

政府統計データ「民間給与実態調査・平成26年」を見ると、年収300万円未満の男性は、全体の23%となっています。

しかも、20代前半は年収300万円未満ですが、20代後半以上の年令になると平均年収はぐんぐん高くなるばかり。つまり、年収300万円未満という所得が、男性全体の平均からみてどのぐらい低いものなのかがよく分かります。

ちなみに職種別でみると、飲食や宿泊といったサービス業や、農業・漁業・林業といった第一産業は総じて平均年収が低い傾向にあります。

年収300万円未満は、年収が低い23%に含まれる男性だからこそ、余程覚悟して婚活を行わないとマッチングする女性皆無ということが理解できるのではないでしょうか

同棲すれば生活費は下がり貯金ができる

年収300万円以下の場合、都市部であれば家賃が高いため、好きなものを買う余裕がないと嘆いているのではないでしょうか。

地方住まいの方は300万円以下でも、贅沢をしなければほどほどに、不自由なく生活出来るレベルだと思います。

しかし、なんとかギリギリで生活しているレベルの経済力だと、病気や怪我のような不測の事態に、どのように対応できるでしょうか?
最終的に頼りになるのは、お金です。

貯金・貯蓄がないと、あっという間に生活が破綻してしまうリスクがあるといえるでしょう。

では、どうすればよいのでしょうか?
その答えが「同棲」です。

一緒に住むことができれば、生活費が楽になることは事実です。

例えば、電気代・ガス・水道・ネット接続料は、一人から二人に増員しても費用は2倍にはなりません。1.5倍〜1.7倍ぐらいでしょう。

◆生活費
女性一人(20万円)+男性一人(20万円)→必要生活費:約30万円

一人だと年収300万円だとしても、二人だと年収600万円になりますから、電気代の支払いコストは楽になります。

田中しげる
生活そのものも楽になり、男女お互いに余裕が出てくるでしょう。

このように同棲のメリットは大きいため、低年収の解決策として同棲を女性に提案するのも、お互いにありだと言えます。

マッチングアプリで、利害が一致するパートナーを見つけるのは、簡単なことです。ぜひ試してみてください。

年収300万円未満低年収の婚活に関するまとめ

年収300万円未満低年収の婚活に関するまとめ

婚活市場において男性は女性を選ぶ際に、年齢に重点をおいて検索しアプローチします。
あなたも同様ではないでしょうか。

逆に、女性側は男性の「年収」に重点を置いて検索し、カップルの可否を判断します。低年収ということは、年齢の高い女性と同様だと言い換える事ができるかも知れません。

つまり、理想の条件からは遠い位置にいるお相手として、婚活をしていることになります。
しかし低年収でも結婚したいあなたは、このページで説明してきた6つの方法を実践することで、結婚の可能性が高まると言えます。

①恋愛関係を優先させる
②結婚相談所へ無料相談に行く

③マッチングアプリへ登録する
④年収アップの転職を考える

⑤副業で年収アップ
⑥少額1万円の投資で年収アップ

管理人がおすすめしたいのは、まず最初に結婚相談所に無料で相談に出向き、低年収でお見合いできる可能性があるのかを聞いてみてください。

その際は、あならの理想の女性条件を添えてくださいね。

最初に婚活市場の厳しさを知り、現実を知るからこそ、真剣に結婚へ向けて動き出せる準備が整った状態と言えます。その次は、婚活サイト/婚活アプリ・マッチングアプリへの登録です。

このサイト内を探してみると、マッチングアプリでの成功法則が多く存在しているのが分かります。年収300万円未満の低年収でも結婚は可能です。

最初から諦めたりせず、真剣に婚活に取り組み、素敵なパートナーを見つけてください。まさに人生が変わることを、実感できるでしょう。



結婚相談所おすすめ

1位
100点
2位
98点
3位
96点
4位
95点
5位
94点
成婚率
30%
成婚率
非公開
成婚率
54.5%
成婚率
41.3%
成婚率
22%
初期費用:10,780円
・月会費:14,300円/月
・成婚料:0円
総合満足度No.1
(日本トレンドリサーチ調べ)
初期費用例:333,000円
・月会費例:15,400円/月
・成婚料:330,000円
※レギュラーコース
初期費用:252,450円
・月会費:17,050円/月
・成婚料:220,000円
※アシストコース
初期費用:29,800円
・月会費:16,800円/月
・成婚料::0円
※1ヶ月プラン
初期費用:33,000円
・月会費:17,600円/月
・成婚料:0円
※スタンダードプラン
約30,000人(2024年)
・コネクトシップ
19.65万人
・IBJ/BIU/Rnet/JBU
86,450人(2024年1月時点)
・IBJ
19.1万人(2024年02月)
・コネクトシップ
・JBA日本結婚相談協会
・Rnet/良縁ネット
約32,000人(2024年)
・コネクトシップ
\成婚実績No.1のオンライン型/
90%が活動1年以内に成婚
1年かかる
【エン婚活エージェント】

\専任のコンシェルジュがサポート/
\独身証明100%提出済/
成婚者の内90%が1年以内に
30代女性
【エン婚活エージェント】

\毎月6名以上のご紹介/