• その他
失敗しないための、50代からの婚活術

50代の婚活の場合、若い人の結婚とは意識が違います。
若々しさに溢れた恋をして……ということではなく、じっくりお相手の内面を見て、人生の後半を共に生き、老後を楽しむパートナー探しに近いと言えます。

では、どのようにしたら50代の婚活が上手く行くのか考えてみましょう。

50代の婚活~女性編~

お相手の親の介護も視野に入れて

50代の女性の婚活についてまわるのは、お相手の親の介護問題です。
50代ともなると自分たちの幸せだけを追求できる年齢でもなく、しがらみや、お相手の親の問題が大きな壁となるようです。

いくら2人が愛し合っていても、お相手の親の問題を受け入れることが出来ない場合、そのご縁は良縁とはならない可能性が高いでしょう。

じっくり自分の気持ちと向き合い、なぜ結婚したいのか、何のために結婚するのかをしっかり熟考しておくことをお勧めします。

子どもの気持ちを最大限に尊重すること

50代での女性の婚活では、すでに子どもがいる再婚の女性も多くいらっしゃいます。
子どもも小さな幼児ではなく、大きく成長した分別がつく年齢になっていることでしょう。
大切な我が子が母親の再婚をどう思うか、婚活するにあたってどう感じるかなどを親子で事前にしっかり話し合っておきましょう。
中には母親の再婚を望まない子どもや、快く思わない子どももいます。
そんな子どもたちに、なぜ再婚したいのかをちゃんと理解してもらい、心から祝福してもらえるように事前に子どもたちに自分の気持ちを話しておくことが大切です。

50代の婚活~男性編~

子どもが欲しい男性は30代の女性を

自身が長男であるとか、色々な事情から子どもが欲しい、また、シンプルに自分の子どもが欲しいと思う50代の男性の場合は、同年代の女性ではなく、30代の女性をターゲットに婚活すると良いでしょう。
その際気を配るべき点は、女性側の両親に理解してもらえるよう最大限の努力をすることです。どの親も一回り以上離れた男性に娘を嫁がせるのは本意ではありません。
それでも、この人ならと思ってもらえるように、お相手の女性とそのご両親を大切にし、お相手のことを生涯をかけて守り抜く意志をしっかり明言するべきです。
男性の方が早く亡くなる可能性が高いので、その後の女性と子どもの生活費などはどうするのか具体的に明示し、安心してもらえるように配慮する必要があります。

老後のビジョンを明確にしておく

50代の男性なら、バリバリと働くというよりは、仕事ももう落ち着き余裕のある働き方をしている方も多くいらっしゃると思います。定年もあともう10年程度となり、その後の生活についてのビジョンをどう持っているか、女性にアピールできるようにしておきましょう。

ただ単に老後1人は寂しいから……といった漠然とした願望ではなく、自分はどんな人生を生き、最終的にどのように終わりたいのかを考え、その思いに共感してくれる女性と結婚することが最大の幸せとなるでしょう。

    

50代ともなると、若い頃のように自分たちの気持ちに素直に従がって結婚するということが難しくなりますが、だからといって50代の婚活が夢物語であるというわけではありません。結婚相談所には50代で登録している男女は大勢います。
その誰もが第二の人生を幸せに満ちたものにしたいから勇気を出して登録しているのです。自分が抱えている問題やしがらみによって躊躇するのではなく、どんどん挑戦していき、幸せになれる人生後半の伴侶を見つけてください。

無料相談の予約ページへ

お電話にてお問い合わせ

Contact us by phone

お電話でもご来室予約を受け付けております
お気軽にご連絡ください

  • 結婚相談室みのり会 成城学園
    03-3417-770010:00〜18:00 水曜定休
  • 結婚相談室みのり会 田園調布
    03-3705-370010:00〜18:00 水曜定休

無料相談・ご来室予約

Contact us by mail

無料相談・ご来室予約はこちらから
お気軽にご連絡ください

無料相談・ご来店予約はこちら