• ご成婚エピソード
  • その他
失敗しないための、30代からの婚活術

30代の婚活はどのようにして行うのが最も効果的なのでしょう。
30代は男女共に仕事の面でも重要な仕事を任され始め、成熟した大人になっている年代です。そんな30代の婚活へのアドバイスをお送りします。

30代の婚活~女性編~

30代の女性の婚活に焦りは禁物です。

「早く赤ちゃんを産みたい」という気持ちが高まる30代。35歳からがいわゆる「高齢出産」となりますが、精神的に不安定になることが一番体に影響してしまうのです。
35歳を過ぎてからも健康な赤ちゃんを産む人は大勢いますし、さらには40歳を過ぎても、健康な赤ちゃんを産む人もいます。
出産を焦って結婚へと急いでしまうと、結婚する上で大切なものを見落としかねません。

まずは「産めなくなる」という焦りは捨て、本来の結婚の形である「お互いに一生を共にできるほど愛し合えるお相手」と巡り合う努力をしましょう。

年齢に対する引け目は不要

30代ともなると周りはほとんど結婚しており、自分だけが取り残されたような焦りや、結婚できないのではないかといった不安、一生ひとりなのではないかという孤独が付きまとってしまうこともありますが、自分の年齢に引け目に感じる必要はありません。

30代の女性は、立派な成熟した大人の女性。若い女性のように浮つくことなく、落ち着いた雰囲気を持ち合わせています。その「落ち着き」が、20代の女性にはない30代女性の一番の魅力なのです。自信を持ってアプローチしていきましょう。

30代の婚活~男性編~

20代のような自由な金銭感覚を見直す

働いて得たお金を好きなように使い切ってませんか?

そのような男性は女性から信頼を得ることは出来ません。当てはまる方は、自分の給与明細をよく見て、その中からどれだけ小遣いに回して、毎月いくら積立をするかをしっかりと計算しましょう。そして、毎月必ず一定額の貯蓄をするようにしてください。

30代になって全く貯金もなく、結婚して新生活を始めるにも資金がないのでは、女性から生涯を共に歩む相手として選んでもらえません。いま一度金銭感覚を見直してみましょう。

マイナス思考は持たない

「収入が少ないから結婚する資格がない」、「持ち家がないから不安だ」など、様々な理由から結婚を躊躇してしまっている男性は、思い切って自分に対するネガティブな評価を捨てましょう。

逆に自分のアピールできるポイントを紙に書き出してみてください。ネガティブな部分は誰でもすぐに思いつくものですが、自分の長所は意外と思いつかないもの。

親友に相談する、親にそれとなく自分の長所を聞いてみるなどしても良いので、「自分はここには自信が持てる」というポイントをどんどん挙げていきましょう。

そうすることで、ネガティブな感情が薄らぎ、自信が湧き、結婚にも前向きになれるはずです。

女性は落ち着いてどっしり構えた男性には安心感を覚えます。自分の長所、自分の価値を認識することで、以前より堂々とアプローチを出来るようになるでしょう。

男女別に30代の失敗しない婚活術をご紹介してみましたがいかがでしたか?

男女共に言えることは、お相手の異性にアピールできる「武器」をしっかりと身に着けておくという事。
「仕事ができる」、「家事ができる」など、アピールポイントをしっかり持つようにしましょう。

無料相談の予約ページへ

お電話にてお問い合わせ

Contact us by phone

お電話でもご来室予約を受け付けております
お気軽にご連絡ください

  • 結婚相談室みのり会 成城学園
    03-3417-770010:00〜18:00 水曜定休
  • 結婚相談室みのり会 田園調布
    03-3705-370010:00〜18:00 水曜定休

無料相談・ご来室予約

Contact us by mail

無料相談・ご来室予約はこちらから
お気軽にご連絡ください

無料相談・ご来店予約はこちら