真剣交際って何?期間や告白/タイミングについて解説
  • 結婚相談所の活動
真剣交際って何?期間や告白/タイミングについて解説

真剣交際とは?

結婚相談所活動の最終段階。
交際は継続しているものの、お相手は一人のみに絞り込まれ、新規紹介や新規お見合いは停止状態。

結婚前提とした、住環境や仕事など現実的なすり合わせの時期です。

他の結婚相談所では、真剣交際ステージになった段階で「成婚」としてカウントするほど、ほぼ成婚と言って良いステージだと言えるのかもしれません。

当会の真剣交際について

みのり会

当会では「仮交際」というステージと「真剣交際」が一緒に合わさり「交際」と呼んでいます。

そのため、他相談所のように「真剣交際」というステージは、存在しません。

このページの中身は当会の交際とほぼ同等の内容を含んでいますので、真剣交際を「交際」と変換して読み進めて下さい。

真剣交際スキンシップ

・参考:交際で手を繋いでも良い?
をご覧いただくとスキンシップについて書かれています。

またスキンシップについては、IBJ日本結婚相談所連盟が定めるルールも記載されていますので、ご参照下さいませ。

旅行や婚前交渉については、NGというルールとなっています。裏を返すと、そのルール以外のことはOKと解釈しても差し支えないと言えるでしょう。

真剣交際は何ヶ月なの?

一般的に真剣交際期間は、3ヶ月の設定となっている相談所が多いようです。

3ヶ月という期間は最大期間であり、3ヶ月間真剣交際しなければいけない、という訳ではありません。

真剣交際に入って1ヶ月や1週間で、成婚退会を決める方もいるかと思います。

いつまでに成婚退会する?

いつまでに成婚退会する?

前章の通り、最大3ヶ月以内に可否の結論を出す期間です。

ほぼ成婚は確定しているかと思いますが、真剣交際の期間で予想しないことが起こったり、不知の情報を知らされることで縁談を再考することもあるでしょう。

事実、真剣交際ステージになったからといって、成婚率100%ではありません。破談のリスクはあります。

お互いの意思が堅まっているならば、成婚退会したい日取りを決めてから逆算で真剣交際を終わらせる日どりを考えても良いでしょう。

真剣交際は何をする?

真剣交際で行うべきは、成婚するための最後の確認です。

・住まいはどうする?
・その場合、通勤は大丈夫?
・家具や家電や新規購入または、既存品利用?

・本当に借金ないよね?
・ある場合は、ローンの返済計画は?

・今の収入だとどういう生活レベルになる?
・仕事の内容を詳しく教えて下さい

・健康診断の結果見せて下さい
・両家顔合わせ前に一度ご両親に会わせて下さい

契約書を作成するみたいに、あまり細部に渡って厳格に取り決めを行う必要はありません。しかし、気になる部分や不安な箇所、日常生活に関連する部分は聞きにくいことでもしっかり聞いておきましょう。

後から後悔しても、取り返しが付きません。

また、このようなデリケートな話がお相手に直接言いにくいのであれば、仲人を通して話をして見るもの良いでしょう。

しかし、結婚後に仲人は存在しません。

できるだけ自分たちだけで話し合いを行い、解決できるようお互いに努力することが結婚生活に向けてのスタートとなるでしょう。

真剣交際は何回会うと良い?

平均交際日数:約135日(4.5ヶ月)
(IBJ日本結婚相談所連盟「成婚白書2021」)

この場合の交際とは「仮交際+真剣交際」の合算となります。

仮交際を最大値の3ヶ月間利用したとして、真剣交際期間は1.5ヶ月。つまり、5週間〜6週間ということになります。

毎週1回デートまたは会ったとして、平均値で6回会うまでに成婚の意思を堅めていることになります。

しかし、実際会うのは6回だったとしても、真剣交際のステージになるとほぼ毎日あるいは2日に一回はLINEビデオ通話やSkypeでコミュニケーションをしているというのが前提です。

プロポーズの告白はいつ?

ご自身が告白をいつにするのか、決断や覚悟するのは大事なことですが、ときに周囲の声を冷静に聞いてみることも必要なことです。

友人知人や親御様が、その結婚に納得や喜んでいただけているのか、というのはとても大事です。

自分達のことだから、周りの声は関係ない

こうおっしゃる方もいるとは思いますが、やはり今後も自分たちだけで生活していくわけではなく、周りとの関係性の中で生活していくとになるでしょう。

そうなると少なからず、親しい周りの人が結婚をどう見ているのか、ご意見を頂くのは悪いことではないと思います。

一度相談をして、耳を傾けてみると良いでしょう。

ご両親へのご挨拶について

ご挨拶は日程を調整し、両家初顔合わせという形式で行うのが一般的です。

顔合わせで結婚の承諾を得るのではなく、内々に話をして結婚の承諾をお互いに得ておくことが良いです。

その上で、両家の親が初めて対面する日を設定し、正式なご両親へのご挨拶・顔合わせすることが良いと思います。

初顔合わせで結婚の許可をいただくという方法は、好ましく有りません。事前の根回しをしっかりと行うよう、お互いに準備を進めておきましょう。

結婚披露宴のシュミレーション

真剣交際では、お互いにほぼ成婚を意識していると思いますので、結婚を見据えたデートもおすすめです。

例えば、以下の2つはお金もかからず楽しめるデートになります。

指輪を見に行ってみる

軽いウィンドウ・ショッピング気分で、いろいろな指輪を見に行くと女性のテンションが上がるはずです。

男性側も女性が望む指輪や価格帯などを把握できるため、指輪の相場観や好みのマッチングを目的に見ていくと良いかもしれません。

ブライダルフェアに行ってみる

結婚式や結婚披露宴の、いわゆるブライダルフェアはどこでもウェルカムで無料です。(有料の式場もあるようです)

・結婚式や披露宴の進行や設備概要を把握できる
・予算の概要を把握できる
・無料でフェアのおいしい食事を食べることができる
・施設の見学と案内をしてもらえる

などなど、ブライダルフェアは無料対応で食事を提供している式場も多く、何かと楽しめます。

真剣交際のデート時にいくつかのフェアを利用してみることで、今後の自分たちの姿をシュミレーションすることができて、結婚を現実的に考えられるのではないでしょうか。

会話の相性が良いので大丈夫?

真剣交際の時、会話の相性がよく仲良くしているのでこのまま成婚に向かっても大丈夫。
そう感じる方もいるでしょう。

しかし、注意が必要です。
本当に本音で、話し合うことができているでしょうか?

お互いの距離が近くなれば摩擦が大きくなることは、物理の法則を持ち出すまでもなく、人間関係においても当然のことではないでしょうか。

大事なのは摩擦がないことではなく、摩擦は必須と考え、二人でどのように対処していくのかということです。

成婚すれば長く続く人生、山あり谷ありで良いことばかり延々と続く事はありえないでしょう。

良くない時に、お互いきちんと向き合い、協力しあって本音で話し合いができることがとても大事です。

・嫌な思いをしたくない
・お互い傷つき無くない

このような痛みから逃げてばかりいたら、お互い成長しないのではないでしょうか。

話が長くなりましたが、会話の相性が良いと思っても、きちんと本音で話し合いができているのかというコミュニケーションの質が大事になってきます。

無料相談の予約ページへ

お電話にてお問い合わせ

Contact us by phone

お電話でもご来室予約を受け付けております
お気軽にご連絡ください

  • 結婚相談室みのり会 成城学園
    03-3417-770010:00〜18:00 水曜定休
  • 結婚相談室みのり会 田園調布
    03-3705-370010:00〜18:00 水曜定休

無料相談・ご来室予約

Contact us by mail

無料相談・ご来室予約はこちらから
お気軽にご連絡ください

無料相談・ご来店予約はこちら