【2024年最新版】婚活アプリおすすめ人気ランキング・大手12選の真剣度比較!選び方を徹底解説

婚活アプリおすすめ人気ランキング2024・大手12選の真剣度比較・わかりやすい選び方を徹底解説

笹岡さん
婚活アプリは真剣に婚活したいユーザーが多く、一年以内の結婚に向いています。
ページ監修:笹岡 督彦(結婚相談所クラブマリッジ代表)

婚活アプリ(婚活サイト)は、恋活ではなく結婚を目的としたユーザーが登録するマッチングアプリです。

・一年以内にきっちり結婚相手に出会いたい
・結婚相談所は少し抵抗あるが、真剣に婚活したい
・真剣に結婚を考える相手と確実に出会いたい

このような人が婚活アプリの利用に向いています。

当サイトでは婚活アプリ運営会社と対面やzoomでの取材を重ねまた、自身も婚活アプリを複数使い結婚できた経験を元に、独自に人気順をランキング形式で解説しています。
管理人は結婚相談所在籍中、IBJのブライダルネットに登録し半年以内に結婚相手と出会う事ができました。

人気順ランキングにおいては、ユーザー真剣度の高さや男女同額である点を中心に使いやすさなど総合的に評価しています。

見出しナビ

当サイトおすすめピックアップ枠:ブライダルネット

\月間約2万組のカップル成立/
ブライダルネット(IBJ)
当サイトおすすめピックアップ枠:ブライダルネット

・結婚を真剣に考える人のための
1年以内に結婚したい会員が85%。どこよりも真剣な出会いが見つかる婚活アプリ。

・婚活のプロが専属サポート
一人ひとりに担当スタッフが付き、活動をサポート。

・東証プライム市場上場 IBJ運営
公的証明書による本人確認を実施しており、メッセージ交換には本人確認が必須

婚活アプリおすすめ比較人気ランキング


← 横スクロールしてご覧ください →
\真剣な出会いNo.1/
ブライダルネット
ブライダルネット
\真剣なアラフォー向けNo.1/
ユーブライド
ユーブライド
\結婚ブランドのゼクシィ/
ゼクシィ縁結び
ゼクシィ縁結び
\利用率数No.1マッチングアプリ/
ペアーズ
ペアーズ
完全審査制&自動マッチング
バチェラーへ登録バナー
バチェラーデート
\毎月2,500人恋人へ/
Omiai
Omiai
\再婚活マッチングアプリ/
マリッシュ
マリッシュ
\30際未満NG/
アンジュ
アンジュ
\世界最大級アプリ/
match
match
\25歳〜29歳メイン/
タップル
タップル
\性格診断が楽しい/
with
with
\ゆるやかに出会う/
シンシアリーユアーズ
シンシアリーユアーズ
1位
[star-list number=5]
2位
[star-list number=5]
3位
[star-list number=4.5]
4位
[star-list number=4.5]
5位
[star-list number=4.5]
6位
[star-list number=4]
7位
[star-list number=4]
8位
[star-list number=3.5]
9位
[star-list number=3.5]
10位
[star-list number=3]
11位
[star-list number=3]
12位
[star-list number=2.5]
結婚したい30代が選ぶ アラフォー向け真剣婚活アプリ 20代〜30代真剣な出会い 幅広い年代/趣味の出会い 2段階審査で高品質な出会い 20代〜30代がメイン 真剣な30代〜40代が多い 30・40・50代の結婚目的 30代~40代の真剣婚活者 累計5億組のマッチング実績 20代ユーザーが60%超 お手紙相手からスタート
コンシェルジュあり コンシェルジュあり コンシェルジュあり
(有料)
活動中32万人 累計270万人 累計140万人 累計2,000万人 累計20万人〜 累計800万人 累計1,000万人 累計70万人 累計187万人 累計1,500万人 累計700万人 累計170万人
・男女:3,980円/月
(月会費プラン)
・男女:2,400円〜/月
(スタンダード)
・男女:2,640円〜/月
(12ヶ月プラン)
・女性:0円/月
・男性:1,650円〜/月
(基本プラン)
・女性:無料
・男性:9,800円/月
・女性:0円/月
・男性:1,900円〜/月
(有料会員プラン)
・女性:0円/月
・男性:3,400〜円/月
・女性:0円/月
・男性:1,566円〜/月
・男女:1,690円〜/月
(スタンダードプラン)
・女性:1,400〜円/月
・男性:3,734円〜/月
(スタンダードプラン)
・女性:0円/月
・男性:1,833円〜/月
・女性:0円/月
・男性:2,000円〜/月
※デメリット
会員が都市圏に集中傾向
※デメリット
20代/若い人が少ない
※デメリット
料金が若干高めの設定
※デメリット
既婚者が多く存在する
※デメリット
審査NGだと登録できない
※デメリット
地方で人数少のエリアも
※デメリット
真剣だが年齢層高め
※デメリット
大手比較で会員数少
※デメリット
翻訳的で使い勝手難
※デメリット
20代半ば中心で本気度少
※デメリット
20代恋愛系会員が多い
※デメリット
ゆるやかな為本気度低
㈱IBJ ㈱IBJ ㈱リクルート ㈱エウレカ ㈱バチェラーデート ㈱Omiai ㈱マリッシュ ㈱アンジュ MatchGSL ㈱タップル ㈱with ㈱オープンサイト
公式へ 公式へ 公式へ 公式へ 公式へ 公式へ 公式へ 公式へ 公式へ 公式へ 公式へ 公式へ

婚活アプリおすすめ:個別解説

女性年齢別グラフ

女性年齢別グラフ

女性 10代 20代 30代 40代 50代
ブライダルネット 0% 20.0% 53.9% 13.3% 2.2%
ユーブライド 0.2% 21.6% 41.8% 26.3% 8.6%
ゼクシィ縁結び 0.7% 36.6% 47.2% 8.7% 2.3%
ペアーズ 1.9% 56.0% 30.6% 8.7% 2.3%
with 2.1% 64.5% 25.6% 6.3% 1.2%

女性のみの10代〜50代ユーザーを調査してみると、上のグラフのようになっています。

with、ペアーズは20代が圧倒的に多く、他の年代は少なくなっているため、全体的に若いユーザーが多いと言えるでしょう。

また婚活アプリでは、30代が中心となるのですが、ゼクシィはさすがにブライダルブランドだけあって、20代の女性比率が他のアプリと比較して多くなっています。

年齢層が高いのはユーブライドで、40代・50代のユーザーが突出して多くなっています。

これを見ると、どのような年代に向いたアプリなのかが一目瞭然と言えるのではないでしょうか。

婚活アプリを選ぶ際、ユーザー年齢が分からず登録をためらっている方は、ぜひ参考にして頂くと良いです。

婚活アプリの男性年齢別グラフ

男性年齢別グラフ

男性 10代 20代 30代 40代 50代
ブライダルネット 0% 15.4% 49.2% 25.5% 5.6%
ユーブライド 0.4% 25.5% 29.2% 28.4% 12.7%
ゼクシィ縁結び 0.9% 32.6% 38.8% 20.0% 6.1%
ペアーズ 2.1% 47.1% 28.1% 13.9% 6.3%
with 2.9% 61.5% 23.8% 8.5% 2.4%

女性ユーザーは20代と30代に集中していますが、男性の場合は20代〜50代まで全体的にバラけている感じがします。

特に40代・50代の割合が女性と比較して多くなっているのは当然のことでしょう。なぜなら、女性は出産リミットがあるため、20代〜30代で結婚することが多く、40代での多くは再婚需要です。

婚活アプリを見ると、ブライダルネットは結婚本気度が強いだけ会って、30代男性だけが極端に多いユーザー数となっています。

ユーブライドを見ると、40代・50代が他のアプリよりも多く、年齢層が高いと言えるでしょう。

10代におすすめの婚活アプリ

女性 10代
ブライダルネット 0%
ユーブライド 0.2%
ゼクシィ縁結び 0.7%
ペアーズ 1.9%
with 2.1%

ペアーズ
with
10代におすすめのアプリは、この2つになります。

ブライダルネットは、そもそも20歳以上の有職者のみが登録可能なため、18歳・19歳のユーザーは登録できません。

ユーブライドとゼクシィ縁結びは10代が1%以下と少数のため、登録する意味がないでしょう。

10代はマッチングアプリが向いていると言えます。

参考:マッチングアプリ19歳!女子がペアーズで絶対彼氏に出会う3つの方法

10代と若くても、結婚願望が強い方はゼクシィ縁結びがおすすめです。

なぜなら、真剣度が高くかつ、18歳から登録できるアプリはゼクシィ縁結びだからです。

ちなみに、真剣度ナンバーワンのブライダルネットは、20歳以上かつ有職者のみが登録可能となっています。

20代におすすめの婚活アプリ

女性 10代
ブライダルネット 20.0%
ユーブライド 21.6%
ゼクシィ縁結び 36.6%
ペアーズ 56.0%
with 64.5%

20代の場合はマッチングアプリのwithとペアーズそして、婚活アプリ/アプリのゼクシィ縁結びが登録するべきアプリと言えるでしょう。

ゼクシィ縁結び

ペアーズ

with

男女ともに「with」の年齢シェアが高く、20代に人気だということが分かります。withにしてもペアーズにしても、女性は完全無料なので、気軽に試せるのが良いですね。

参考→20代女性におすすめ!結婚相談所の割引プラン比較・若いお得で成婚期間も早い!

30代におすすめの婚活アプリ

女性 30代
ブライダルネット 53.9%
ユーブライド 41.8%
ゼクシィ縁結び 47.2%
ペアーズ 30.6%
with 25.6%

30代という婚活世代になってくると、気軽でライトなマッチングアプリよりも、より真剣度の高い婚活アプリへシフトしていることが分かります。

ブライダルネット

ユーブライド

ゼクシィ縁結び

30代の方は、上記の3つの内一つを選んで自分にマッチするアプリを見つけると良いです。

婚活アプリの場合は真剣度が高くなると同時に、男女ともに有料課金で利用する事になります。

しっかりと真面目に結婚相手と出会うためには、お金を支払って出会いを求めるという信頼度が求められるようです。

また、単なる年齢確認ではなく本人確認が必須となり、独身証明(任意)も提出可能なため、結婚相手探しにはピッタリです。

参考:30代女性「恋愛なし」結婚できる5つのポイント

40代におすすめの婚活アプリ

女性 40代
ブライダルネット 13.3%
ユーブライド 26.3%
ゼクシィ縁結び 8.7%
ペアーズ 8.7%
with 6.3%

ブライダルネット
ユーブライド

40代の方は、上記の2つの選択肢が良いと思います。特にユーブライドは男女共に人数が多く、同年代で探すにはピッタリと言えるでしょう。

しかし、40代は20代と比較して婚活の初歩である「マッチング」自体が難しいものです。そもそもマッチングしなければ、次のデートへ進むことさえできません。

そのため、マッチングの量を増やすためには、異性との接触数を増やすのが手っ取り早くつまり、複数のアプリを利用して活動するのが良いでしょう。

面倒に感じるかも知れませんが、1つの婚活アプリだけで活動するのではなく、マッチングアプリのwithやペアーズも合わせて登録するのがマッチングへの近道です。

特にペアーズは40代のユーザー割合が低く感じますが、全体のユーザーボリュームがアクティブユーザーで500万人を超えています。

40代の割合は少なく見えますが、人数は他のアプリよりも多いので婚活初心者は登録必須と言えるでしょう。

参考:40代女性は結婚相談所で成婚できる!素直/積極/外見が重要な理由とは?

50代におすすめの婚活アプリ

女性 50代
ブライダルネット 2.2%
ユーブライド 8.6%
ゼクシィ縁結び 2.3%
ペアーズ 2.3%
with 1.2%

ユーブライド
ペアーズ
50代はユーザー割合の多いユーブライドと、ペアーズがおすすめです。

ユーブライドは割合が多いので当然おすすめなのですが、ペアーズは女性2.3%と低くても3.5万人以上のユーザー数があります。

全体の分母数が巨大なため、50代のユーザー数シェアは少ないですが、人数は多いためマッチングの可能性が高いので登録必須と言えるでしょう。

同時に結婚本気度が高くかつ、50代ユーザー割合が最も多いユーブライドも必須と言えます。

50代の方は、上記の10代〜40代という年代の内、一番マッチングが難しく時間がかかる年代と言えます。

そのため、ネット婚活だけではなく、結婚相談所も合わせて登録しておくのが望ましいと思います

婚活アプリは格安で結婚相手に出会える方法

婚活アプリは格安で結婚相手に出会える方法

月額約4,000円で真剣なお相手に出会えるのが、婚活アプリのメリット。

■婚活アプリ5つの特徴

  1. ユーザー数が多く出会える
    例:ペアーズ 累計2,000万人([date-year number=0]年[date-month number=0]月)
  2. 大企業運営のため安心
  3. 男女同額課金で結婚意識が高い(登録は無料)
  4. 検索項目から結婚相手を探しやすい
  5. 匿名の活動で安心

■各種証明書を提出可能な婚活アプリ
→結婚本気度が高いユーザー多数。(プロフィール信用度高い)

各種証明書とは、具体的にどのようなものですか?
  • 本人確認(運転免許証など)
  • 独身証明書(任意)
  • 収入証明書(任意)
  • 学歴証明書(任意)

①真剣度高さは男女同額アプリ

①真剣度高さは男女同額アプリ

真剣ユーザー ゼクシィ縁結び
▼婚活アプリ
with
▼マッチングアプリ
1年以内に
結婚希望の男性
14.5% 3.1%
今すぐ〜3年以内
結婚希望
44.6% 11.1%

「婚活アプリ」対「マッチングアプリ」真剣度の高い割合を比較。

真剣度の高い割合を比較。

それぞれログインし、プロフィール検索にて「一年以内に結婚」を希望している男性を抽出。ゼクシィ縁結びは14.5%と、withの3.1%を大きく上回っている事がわかります。

②女性無料婚活アプリは利用者多い

女性無料アプリは利用者多い

婚活アプリ/アプリの中で、以下はマッチングアプリとも呼ばれる。

icon_pairs  ①ペアーズ
累計2,000万人([date-year number=0]年[date-month number=0]月)
結婚した、お付き合いした→30万人以上!平均4ヶ月で恋人ができている。

icon_omiai  ②Omiai
累計900万人([date-year number=0]年[date-month number=0]月)
1日に4万組がマッチング!アプリ名の通り、ユーザーの真剣度が高い!

marrish  ③マリッシュ
累計1,000万人([date-year number=0]年[date-month number=0]月)
再婚者に強み・それゆえ結婚本気度が高い!

with_icon  ④with
累計1,000万人(2024年2月時点)
心理学を元にした性格診断・20代前半が圧倒的に多いユーザー層

婚活目的でも使え、成婚した人もいるのため、婚活アプリと同等です。

4つのアプリは女性無料で利用可能。
ユーザー数が非常に多い。

ペアーズは累計2,000万人([date-year number=0]年[date-month number=0]月)となっており、初心者登録必須アプリ

初心者登録必須アプリ

逆にブライダルネットユーザーは真剣度が非常に高いが、東京を中心とした関東圏に集中
都市圏以外でのユーザー数不足は否めません。

・ユーザーの真剣度と人数は相反する
複数アプリで長所/短所を補完し、早く出会える可能性UP!

■具体的な使用例

・ブライダルネット
・ペアーズ
・Omiai

3つ同時利用がオススメ!
→お互いの短所を上手に補完できる。

③WEBサイト型は20%お得

③WEBサイト型は20%お得


料金税込比較
登録方法比較
登録方法 クレジットカード
WEBサイト利用
アプリ内課金
スマホアプリ利用
ブライダルネット
 
・メールアドレス 5,080円税込み 4,900円
ユーブライド ・メールアドレス
・Facebook
4,300円税込み 4,500円
ゼクシィ縁結び ・メールアドレス
・Facebook
・AppleID
・電話番号
4,378円税込み 4,900円
ペアーズ ・メールアドレス
・Facebook
・電話番号
3,590円税込み 4,300円
Omiai ・Facebook
・電話番号
・AppleID
3,980円税込み 4,800円
マリッシュ ・メールアドレス
・Facebook
3,400円税込み 3,400円
match
 
・メールアドレス 4,490円税込み 5,000円
with ・Facebook
・AppleID
・電話番号
3,600円税込み 4,200円
エキサイト婚活
 
・メールアドレス 3,850円税込み -
※すべて1ヶ月のみプラン

上表は各社の1ヶ月利用料(税込み)となっています。

モバイルアプリは利用するのに「アプリ内課金」となっていて、AppleやGoogleに対して手数料が発生するため、WEB版(サイト版)よりも約20%ほど高額になっています。

クレジットカードを持っていないまたは、婚活アプリ運営側へ直接クレカ情報を入力したくない場合、アプリ内でそのまま課金で、便利。
WEB版はクレジットカード決済。

WEB版(婚活アプリ)を利用した方が、安くてお得

使用感はサイトよりも若干アプリが便利ですが、どちらを選んでも婚活に全く問題ありません。

SafariやGoogle Chromeなどのブラウザからサイトを利用したほうが、安く利用できる!

参考:婚活アプリ女性30代におすすめ8選ランキング・30歳の婚姻率71%へ

④各種証明書で虚偽申告対策できる婚活アプリ

④各種証明書で虚偽申告対策

婚活アプリ/アプリのプロフィール記載の年齢や年収
本当の情報でしょうか?(自己申告制)

マッチングアプリの場合、「独身」であるかも、怪しい
既婚者もいます。

あなたは、虚偽申告を見破る事ができますか?

参考:年収3000万円以上!富裕層向け結婚相談所は入会金55万円の衝撃!

婚活アプリ/アプリでは結婚相談所と同等の公的書類を提出し、プロフィール欄へ証明済マークを表示も。

本人確認 独身証明 年収証明 学歴証明 住所証明 勤務先証明
ブライダルネット
ユーブライド
match
ゼクシィ縁結び
ペアーズ
Omiai
マリッシュ
with

証明書必須ではないですが、証明書確認済マークを優先的にアプローチすれば、安心して婚活できます。

参考:マッチングアプリで「独身証明/収入証明」提出オススメ3社を解説

⑤安心目安は大企業

運営企業 婚活サイト/アプリ グループ
株式会社IBJ
東証一部上場
ブライダルネット -
株式会社Diverse
上場企業グループ
ユーブライド 株式会社IBJグループ
株式会社リクルート
マーケティングパートナーズ

上場企業グループ
ゼクシィ縁結び リクルートグループ
株式会社ネットマーケティング
JASDAQ上場
Omiai -
株式会社イグニス
東証マザース上場
with -

上場企業」を安心度のひとつの指標と考えるならば、安全度・安心度が高いと言えるでしょう。

安全度とは、不審者が極力存在しない状態。

例えば、詐欺サイトへ誘導する業者や、お金を奪おうとする詐欺、ストーカー的な行為など運営側はパトロールと監視で排除しています。

こうした安全度の度合いは、運営企業側のセキュリティーへのコミット力の強弱に大きく依存しています。

ですから、上場企業であれば厳格で厳しいセキュリティーの運営をする、と言えるのでは無いでしょうか。

婚活アプリと各種婚活サービス比較

各婚活サービス別の特徴を表にしてあります。
婚活サービス比較 婚活アプリ マッチングアプリ 結婚相談所 婚活パーティー
料金 約4,000円/月 約4,000円/月 約10万円〜
(※1)
女性1,000円〜
男性5,000円〜
独身証明書
(任意提出)

100%必須
出会いの多さ
多い

非常に多い

量より質

少ない
出会える確率
条件次第

必ず会話可
結婚への真剣度
遊びも多い
男女同額
女性無料

女性安価
地方充実度
必須

条件次第

企画次第

※1:オンライン型結婚相談所は「入会費0円〜・月額9,800円/月〜」

最短婚活ならば「結婚相談所」がオススメですが、更に婚活期間を短縮したい場合は婚活アプリを同時進行すると良いです。

婚活アプリよりも結婚相談所を検討したほうが良い人

結婚相談所を検討したほうが良い人

このような人は、婚活アプリのようなアプリ婚活ではなく、結婚相談所に入会したほうが早いかも知れません。

・初期費用約20万円、月会費約1.5万円を支払う本気度がある

・とにかく圧倒的に早く結婚したい

・専任担当者の相談・サポートを受けて、最短ルートで婚活したい

・婚活のやり方がわからない

・異性に対して消極的で受け身になってしまう

・自分の良さ・魅力を引き出してもらいたい
(提携している婚活専門のプロスタジオで、メイク付きの撮影をすることで、お見合い率・お見合い成功率が飛躍的にアップします)

以上の方は、結婚相談所への入会を検討されてはいかがでしょうか?

婚活アプリが向いている人

婚活アプリが向いている人

以下のような方は、婚活アプリでの活動向きなので、おすすめ婚活アプリ/アプリからあなたの気になったアプリを2〜3個登録してみましょう。

・今日、今すぐにでも婚活をスタートしたい
結婚相談所は公的証明書取寄せ・写真撮影・プロフィールづくりなど、活動開始するに2〜3週間必要なこともあります

・とにかく安く婚活したい
婚活アプリなら、月額4,000円程度で活動可能です。まずは1ヶ月だけ試してみる、というものアリでしょう。

・出会いが結婚相談所だと、友だちに知られるのが恥ずかしい
アプリ婚活は市民権を得ているため、親や友だちとアプリ婚活の話題になっても、恥ずかしさはないと言えるでしょう。

・自分のペースで婚活したい
決められた期限ルールがないため、自分自身が決めたペースで活動できます。

・多くの異性と出会いの機会が欲しい
いきなりお見合い、いきなり結婚ではなく、自然恋愛に近い形でデートを重ねて好きになりその後、結婚まで進みたいという方にはピッタリです。

独身証明済100%・格安オンライン結婚相談所4社

出会いのきっかけ上位3位:政府統計値より

出会いのきっかけ上位3位:政府統計値より

政府統計情報によると、出会いのきっかけ上位3位は以下のようになっています。

1位 仕事や職場
2位 友人兄弟姉妹を通じて
3位 学校で

時期 職場・仕事 友人・兄弟 学校 お見合い
1982年
第8回調査
25.3%
20.5%
6.1%
29.4%
2015年
第15回調査
28.1% 30.9% 11.7% 6.5%

4位 街なかや旅先で
5位 サークル・クラブ・習い事
6位 アルバイトで
7位 幼なじみ・隣人

統計上の数字を見ると、結婚のきっかけ分かりやすくなると思います。

あなたの日常生活圏で、上記と似たような出会いがありそうでしょうか?

平均交際期間約4年!あなたの年齢は大丈夫?

平均交際期間約4年!あなたの年齢は大丈夫?

政府統計を見ると、自然恋愛の場合の平均交際期間は4.3年(2015年データ)となっています。

今のあなたの年齢から、相手が見つかってから4年半後の結婚となると、何歳なのでしょうか?
(4年半は、あくまでも統計上の平均値です)

婚活アプリ/アプリを利用すれば、3ヶ月~6ヶ月で相手がみつかり、1年後には結婚しているというケースは多々あります。

20代前半の若い年齢ならば自然恋愛で4年間と長く交際しても問題ないです。なぜなら、出産までの時間はたっぷりあるでしょう。

参考:行き遅れるよりもアセって婚活したほうがいいの?あなたはどちらを選ぶ?

しかし、出産リミットという時間制限を考えた時、20代半ば以降の年齢であれば、早く結婚したいと感じているはずです。

調査時期 平均交際期間 妻:平均出会い年齢 妻:平均初婚年齢
1982年
第8回調査
2.54年
22.7歳
25.3歳
2015年
第15回調査
4.34年 24.8歳 29.1歳

婚活サービスを利用経験した割合

婚活サービスを利用経験した割合

結婚相談所、婚活アプリ、マッチングアプリ、婚活パーティーなどの婚活サービスを利用した人の割合は、2021年で27.2%となり、約4人に一人は婚活サービスを利用していることがわかります。

婚活サービスを利用した人の割合

独身者の内、婚活サービスの利用経験を男女別にすると、このようになります。

女性の場合、約3人に一人となりつつあります。年を追う毎に、婚活サービスの需要は増えているのが分かります。

ネット婚活で結婚した人の割合

ネット婚活で結婚した人の割合

紹介やお見合い、自然恋愛の人も全て含めた結婚した人の内、ネット婚活の人の割合は11.1%となっています。

婚活サービス全体合計:16.5%
・ネット婚活11.1%
・婚活パーティー・イベント:2.7%
・結婚相談所:2.7%

ちなみに結婚した人の内、婚活経験者は全体の33.1%となっています。つまり、3人に一人は婚活サービスを利用していた、ということになります。

婚活経験者は全体の33.1%

婚活をすること自体、恥ずかしいことではないですし、さらにネット婚活利用者が伸びているので、もはや婚活アプリやマッチングアプリは出会うのに必須と言えるでしょう。

では、実際にネット婚活はどのぐらい伸びているのでしょうか?

ネット婚活経験者28.1%と伸び(2021年)

ネット婚活経験者28.1%と伸び(2021年)

・結婚相談所
・ネット婚活
・婚活パーティー・イベント

上記の3種類が婚活サービスとなりますが、ネット婚活を利用する方が一番伸びていて、19.1%と婚活市場全体を大きく支えていることが分かります。
(2018年実績)

特に年齢が若いほどネット婚活を使いこなし、日常生活の生活圏で不足している出会いの数を補っています。

年々この傾向が強まっていますので、今後はさらにネット婚活の利用度とともに、ネット婚活を利用した結婚実績が伸びていくことになることは明白です。

そう考えると、海外のようにネットで出会うことはもはや当たり前で、ネット婚活は恥ずかしいことではない、という理由が理解いただけると思います。

婚活サービスの利用者は34%と急伸中
婚活サービスの利用者は34%と急伸中
2021年の婚姻者のうち、婚活サービスを利用していた人は34.1%と過去最高
婚活実態調査2021「リクルート:ブライダル総研」)
婚活アプリで結婚できた人は44.2%
婚活アプリで結婚できた人は44.2%
婚活実態調査2021「リクルート:ブライダル総研」)

婚活サービスの中でも婚活サイト(婚活アプリ)で結婚できた人の割合が一番多く、44.2%となっています。

こんかつランク
当サイトでは「ブライダルネット」をおすすめしています。
結婚相談所を所有している株式会社IBJ運営のため、「出会い」ではなく「結婚」を目的とした仕組みになっているからです。
婚活アプリって何?
マッチングアプリの中でも、結婚本気度の高いユーザーが多いのが「婚活アプリ」。多くは一年以内の結婚を望んでるユーザーです。
下のグラフを見ると、それぞれアプリ別の特徴がわかります。

婚活アプリ

どんな人が婚活アプリを利用するの?
  1. 一年以内に真剣な結婚を望んでいる人
  2. マッチングアプリは出会いの真剣度が低くて疲れた
  3. 結婚相談所を利用中だが、活動期間を短縮したい
東京都:くみさん(仮名/30代)
結婚した友達にブライダルネットを教えてもらい、決め打ちで始めました。
私の周りでのブライダルネットの成婚率100%なんですよ(笑)

有料課金が不安な方は、まず無料登録での利用がおすすめ。

100%独身証明提出済という、
より本気度の高い婚活アプリを知りたい方は、こちらのページをご覧ください。

結婚相談所から学ぶ婚活アプリの最短結婚

結婚相談所から学ぶ婚活アプリの最短結婚

結婚相談所には、いくつものルールがあります。例えば、以下のようなものです。

・異性へのアプローチは、メッセージやいいねではなく、いきなり「お見合い申し込み」のみです。

お見合い申込み

婚活アプリ/アプリでは「いいね」「気になる」などの興味がある意思表示をし、相互に成立するとメッセージ交換可能です。

メッセージをダラダラと交換するのではなく、3往復ほどですぐLINE(またはメアド)交換へ進むと良いでしょう。

お互いに一年以内の結婚を目指しているのであれば、メッセージ交換で時間を費やすのは、大きな損失となってしまいます。

メッセージで信頼関係を築くのは大事ですが、会ってみなければ分からないのが婚活です。そうであれば、早めに会ってみるほうが、お互いのために良いでしょう。

・お見合い成立した場合、キャンセルすると違反金対象となります。

婚活アプリ/アプリやマッチングアプリの場合、初回デートの待ち合わせをしても、以下の理由で待ち合わせ場所で待っていても来ない待ちぼうけ、なんてことも珍しく有りません。

・急に行くのが面倒になった
・他のデートと日時が重複していた
・隠れて見ていたが、見た目タイプではないので会わずに帰った

いきなりリアルで会う約束をして、会えない場合は時間と移動コストが無駄になります。そのため、対面デートの前にオンラインデートを試してみると良いでしょう。

スカイプズームLINEなどで会話をすることで、お互いの声や話し方、言葉遣い、声のトーン、声の大きさなど、人柄を推し量ることができるのではないでしょうか。

・お見合後、当日〜翌日中に「交際」ステータスへ進む「可否」を仲人へ連絡。

婚活アプリ/アプリの場合、オンラインデートの次に、対面デートまでプロセスが終わったら、交際するのかしないのかを意思決定する必要があります。

例えば、2回目のデートは相手の様子を伺うのではなく、あなたがデートしたいと思ったら、率直に自分の気持ちを相手に伝えます

あとは、相手が判断することです。

今日は楽しかったので、また会ってお話したいです。
3回目のデートまで、チャンスを頂けませんか?
もし、3回までたどり着いたら、結婚を前提に付き合いたいです。

・次のデートもある
・3回目のデートまで考えている
・3回後は、結婚前提の交際まで考えている

あまり先々までの話しとなると、飛躍しすぎて「妄想」の域になってしまいますが、1歩〜2歩先まで自分の考えを相手に伝えることで、安心感を与える効果があるのではないでしょうか。

自然恋愛であれば、女性は待つという受け身になることが多いでしょう。男性は積極的に、女性へアプローチする必要があると思われています。

しかし、婚活の場合は男女関係なく、自分の思いを相手に伝えて、どんどん結婚へ進むための意思決定を行う必要があります。

相手に様子を伺ったり、相手から言い出すのを待っているようでは、結婚が遠のくばかり

相手がどう判断するのかはさておき、積極的に自分の気持ちを、声に出して丁寧に伝えるよう努力していくと、結婚への最短ルートになるでしょう。

参考:【比較】結婚相談所とマッチングアプリ9つの違い!結婚早いのはどっち?

結婚相談所テクニック:モテ度3倍アップの写真撮影術

結婚相談所テクニック:モテ度3倍アップの写真撮影術

自然恋愛であれば、外見を見慣れた異性に恋心を抱く事が多いため、そこまで外見を重要視しない事もあるでしょう。

しかし、婚活では外見・ルックスがすべてです!
つまり、プロフィール写真のことを指します。

外見で相手の興味を惹くことができなければ、そもそもアプローチしてもらえませんし、あなたからアプローチしても返事は返ってこないでしょう。

婚活アプリ/アプリをこれから利用するならば、プロフィール写真についても、最短で成功出来る方法を知っておいたほうが良いです。

参考:マッチングアプリ写真撮影サービスおすすめ5選!いいね激増で出会いは思いのまま

婚活用プロフィール写真には、以下の条件が必要になります。

①プロカメラマン
②婚活写真に慣れている
(魅力を引き出してくれる)
③メイク付き

スタジオ内で撮影したほうが良い場合と、屋外(ロケ地)で撮影したほうが良い場合の2通りがあります。

・一年以内に結婚したいプロフィール写真とは?

遊び目的の相手を一切排除するため、スタジオ内で撮影

→証明写真に近い「お見合い写真

■男性用のプロフィール写真

服装はスーツが無難だが、「黒」は避けてネイビーなど青系がスッキリと見えるので良い。

シルエットは体のラインが出る、スリム系をチョイス。
(ダボダボの大きめはNG)

■女性用のプロフィール写真

女性はスカート必須
ワンピース、スカートセットアップ+ブラウス

婚活アプリ/アプリのプロフィール写真では、あえて真剣な「お見合い写真」的なモノをチョイスし、遊び人を排除すると余計なメッセージの手間が軽減されるはずです。

遊び人を避ける方法

例:結婚に本気ではない人
→プロフィール写真をみて「本気度が高い」と感じると、面倒なので避ける傾向

真剣度の高い写真
→同じく真剣度の高い異性を引きつける

プロフィール写真を利用して、真剣度が高いことの意思表示をするのは、各種証明書の提出をするのと同等の効果がある。

これらが真面目な人に、きちんと出会いたい人に向いている写真の利用方法となります。

・真剣だけど、ネット婚活寄りの写真は、お見合い写真とは若干違う仕様にもできる。
何が違うのか?

①公園やカフェなどのシチュエーション(ロケ地通い)
②動きのあるアクティブ感
③服装はカジュアルまたは、ビジネスカジュアルが良い

表情は笑顔必須

歯を見せるようにする
→かすかに見える程度

■顔の向き
→顎を引いて、斜めに見せる

・なぜか?
→顔が小さく細くみえるため、スキッと清潔感のあるイメージとなる

■女性はポージングが大事

バストからヒップの斜めのライン・輪郭がはっきり分かるようにすると良い。

・なぜか?
→男性は無意識に視覚的情報で、相手が男性か女性か判断している。

主に体のラインを見て判断。
女性的なシルエットが出ていると、相手を女性だと意識しやすくなる。

自分の写真は、自分では判断つかない。
特にプロカメラマンでスタジオ撮影は、沢山のカットを撮影するため、どれが良いのか分からなくなる。

そのため、結婚相談所では仲人が同行し、プロの目で冷静に判断できる。
ネット婚活の場合、出来上がった写真を友だちに見せて、アドバイスを貰うのが良い。

結婚相談所テクニック:プロフィールで相手に心を鷲掴み

結婚相談所テクニック:プロフィールで相手に心を鷲掴み

■女性用プロフィールテクニック

男性が女性に求めるのは、家庭力、家事力
さらに、安心感、心地よい居心地、親近感

家庭内や家事は男女折半の世の中ですが、多くの男性は女性に家庭力や家事力を求めてしまうようです。

・女性の仕事について
仕事の記載はほどほどにして、あまり多く記載しないほうが良いと思います。

・なぜか?
家庭よりも仕事を優先するのかな、と不安に感じるケースが多いように思います。

逆に、女性側が仕事好きでがっつりコミットするタイプなら、男性に理解がある人が相性としては良いでしょう。

その際は、「女性は家庭にいて欲しい」という古いタイプの男性を排除するため、プロフィール欄には仕事内容をがっつり書くと、同じ考え方の男性を引き寄せる事ができます。

稼いでいる男性ほど、経済的にも精神的にも自立した女性を求める。
例:結婚後も仕事は続ける、という意志のある女性が好まれる

■男性用プロフィールテクニック

女性が好感を持ってくれる内容は、以下の2つになります。

①共感してくれる 女性の心をわかってくれる
②力強く引っ張ってくれる

・仕事を頑張っている人は好まれる

自分の仕事に自信と誇りをもっているイメージを書く。
例:感謝される事にやりがいを感じている、など。

自分の意志で取り組んでいる、ということが大事。
やらされている、がんばらなければできない、というのは、自分が望んでいないことを無理やりやっているというネガティブ視される。

興味のある分野は記載必須なので、積極的にプロフィールへ書き込みましょう。
ただし、興味がない未開拓分野でも、一緒に楽しみたい的な一文は必要。

自分のこと大好き」感が見えてしまうと、「身勝手な人」というネガティブイメージに結びついてしまいます。

自分の事以外にも、興味を持っていることを伝えると良いでしょう。

①登録・身分証とプロフィール写真を用意

①登録・身分証とプロフィール写真を用意

登録するには、メールアドレスやフェイスブックアカウントを用いて、登録することになります。しかし、利用するアプリ毎に利用可能な登録情報が違うため、事前に確認しておくと良いでしょう。

また登録時には、関係法令により身分証明書が必須となります。
年齢確認(18歳以上であることを確認)と本人確認(実在する人物であることを確認)を用いて、活動するための審査が行われます。

審査をパスすると、実際に活動可能になります。

その際、プロフィール設定を一気に行うと後々楽なため、プロフィール用の顔写真を数枚用意しておくと良いでしょう。写真はサブ写真も設定可能なため、全身写真や、仕事・趣味の写真も一緒にアップロードしましょう。

②マッチング・相互の好意が成立

②マッチング・相互の好意が成立

マッチング成立するためには、いいねや申し込みをお互いに送り合った際です。

マッチング成立は、カップリング成立とも呼ばれ、アプリ内で男女のカップルが成立した嬉しい瞬間です。

アプリに登録して間もない頃は、あまり選り好みせず、練習のつもりで「来る者拒まず」の姿勢が良いでしょう。

まずは異性といろいろな交流をすることで、アプリ内の使い方を学ぶことができますし、本当はあなた自身が何を求めて婚活しているのかを気付かされるきっかけとなり得ます。

男性はもちろんですが、女性からも積極的にいいねを送り、好意の意思表示をどんどん行っていくと良いです。

③メッセージ交換・一対一で信頼関係を構築

③メッセージ交換・一対一で信頼関係を構築

マッチングが成立すると、一対一のテキストチャットがスタートします。

このメッセージの目的は、お互いに信頼関係を構築し、LINE交換(あるいはメール交換)を行うことです。

お相手と何度かデートして信用できるまでは、アプリ内のメッセージでやり取りが良いです。
すぐにLINEや電話番号など教えないようにしましょう。

メッセージでは、あなた自身のことをアピールし過ぎるのはNG

相手のプロフィールを何度も読み込んで、あなたと相手の興味の接点があれば、会話が盛り上がりやすいです。

特に接点が見つからない場合は、相手のプロフィールから興味があることに対して、質問するなどして相手の良さを引き出し、お互いの距離を縮めましょう。

④LINE交換・お互いの距離を縮める

④LINE交換・お互いの距離を縮める

アプリ内のメッセージでも問題はないのですが、メッセージ内容を確認するため、アプリへログインする必要があり、メッセージ交換の頻度が多くなると、とても面倒に感じることでしょう。

やはり、LINEやメールアドレスの交換をし、アプリを介さずに連絡するほうが、スマートで便利です。

LINE交換できたら、更に親密度はアップするでしょう。お互いの距離が近くかつ、お互いに好意を持った関係になっているはずです。

このプロセスまで到達したら、あまり長くダラダラとメッセージをやり取りせず3往復〜4往復ぐらいで、一度ビデオ通話を提案してみると良いでしょう。

なるべく早く結婚したいと考え婚活している二人ですから、友だちづくりのようにメッセージだけ長くやり取りしていても、お互いの関係がだらけて冷めてしまうだけです。

気持ちが盛り上がっている状態で、必ず次のプロセスへ進むよう、思い切って相手に提案することが必要です。

⑤デート・目的は2回目のデート獲得

⑤デート・目的は2回目のデート獲得

ようやくデートに到達すると、かなり親密度が高く、お互いの距離がかなり近くなっているのではないでしょうか。

デートでは、相手に配慮するため、以下の点がポイントです。

・昼間、明るい時間
・お茶、カフェのみ

デートプランは3タイプ提案すると相手が選びやすいです。女性からの提案もOK。
例:食事内容、①和食 ②洋食 ③中華どれが良い?など。

土日の休日が忙しかったり、仕事の関係で昼間のデートができない場合は、その旨相手に理解を求めるようにすると良いです。

また、最初のデート場所はお茶・カフェにするのが無難です。いきなり食事にすると、緊張している中であまり味が分からないのではないでしょうか。

さらに、デートで実際に会ってみて、好みではないまたは価値観が合わないと分かってから、2時間も一緒に食事するのは苦痛でしか有りません。

お茶・カフェならば、40分〜60分程度の短時間で、デート終了が可能です。最初からいきなり大きな時間を確保せず、物足りない時間ぐらいで丁度よいと心得ましょう。

初回デートの時は、時間の後半で2回目のデートの約束をするのが鉄則です。別れた後、2回目のデートを申し込もうとすると、成功率がガクッと下がることを覚えておきましょう。

一緒に過ごしている時間の中で、2回目のデートの約束をしてください。

デートを何度も繰り返すことができれば、結婚前提の交際までもうすぐ、となっているはずです。

婚活中の知人がいるなら、この役立つ情報をシェアしよう!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

東京都元赤坂の結婚相談所「クラブ・マリッジ」代表&総合プロデューサー。

・飲食店や広告営業などを経験、総合プロデューサーをしつつ代表に就任。

・データ分析により、チームで成婚へ導くのが強み。

婚活アプリページを監修

【PR】東京都世田谷区の結婚相談所

運営歴50年以上・ご成婚実績3,000組以上の実績を持つ、地域密着型の「仲人型」結婚相談所。

・結婚相談所ネットワーク:IBJ・BIU・NNRへ加盟のためマッチング会員数多数。

結婚相談室みのり会
無料カウンセリング受付中!

申込みはお電話または、オンラインにて今すぐご連絡ください。約60分間のカウンセリングです。

※カウンセリングを受けても、入会の必要はありません。また、勧誘することもありません。

見出しナビ